介護福祉実務者研修を受けることで

August 17 [Sat], 2013, 16:10
研修を受けることで、近年多様化する介護に対応できる専門職として、さらなるスキルアップを図ることを目的としていますが、介護福祉士取得へのハードルはさらに高くなったといえるでしょう。
今までのホームヘルパー2級研修相当の初任者研修終了者は、住宅や施設で働く上で必要とされる基本的な知識や技術を修得して、指示を受けながら介護業務を実践できる水準ですので、このような方々は、130時間の研修が免除されます。
介護福祉士実務者研修を修了することで、利用者の状態などに応じた介護であったり、他職種との連携などを行うために幅広い領域の知識や技術を修得して、的確な介護が実践できるようになることを大きな目的としています。介護福祉士の国家試験資格を取得するために、介護福祉士実務者研修を規定の時間だけ受講することは必須となっていますが、そのときに同時に医療的ケアについても学んでいくことが、これからの介護職において、重要となってくるでしょう。
医療的ケアとは、たん吸引や経管栄養法などのことを指していて、今後はこれらのスキルを持つ介護福祉士の需要が高まっていくものと見られています。
介護福祉士の資格に未来のヒント?
介護福祉士の資格を取るなら今でしょ?
介護福祉士の資格で注意すること
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e4klomn
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e4klomn/index1_0.rdf