塙で池上

April 22 [Fri], 2016, 12:13
探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で探索を行うこともあります。
追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、場合によっては周囲に聞き込みなどもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。
また、社外秘としてクライアントでさえ知ることができない調査方法も存在するらしいです。



先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、初犯じゃなかったんです。入籍する前から浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。



終わったものまで糾弾する気は既にありません。



浮気性って言うじゃないですか。それにしてもこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。


あんな人と人生の伴侶としてやっていく気力というのがなくなってしまって、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。興信所の仕事と聞いて、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。調査対象に内密に移動を共にし、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。
悟られることがまずないとはいえ、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。

予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、この仕事なのです。
だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として圧倒的多数を占めるのは、配偶者への暴露です。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。

探偵や興信所などノウハウのあるところに浮気調査を任せるのが効果も高いうえ確実です。



そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。

実際、扱う仕事はほぼ同一です。


離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、浮気の証拠がないと、まともに取り合ってもらえないようです。


裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に重宝するはずです。
ろくでもない探偵を雇ってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。
相談に行っただけなのに事務所に足止めし、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は危ないと思ってよいでしょう。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、再三にわたり電話をかけてくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。しっかりした探偵社なら、人を不安にさせるようなことはしないはずです。

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵会社を選択するのが良いでしょう。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前に調べておくべきです。

違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つです。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。
調査にかかる時間が短いほど請求額も少額となります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハル
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e4imdsecedrnpd/index1_0.rdf