リッスントーク(listentalk)は初心者向きの英会話教材

July 13 [Thu], 2017, 18:47
初心者が独学するための英会話教材を手にしてみたはいいものの

探してみれば多くの英会話グッズがあります。
何点か購入した事がある人も居られるかと思います。
ひとりだけで勉強をしようと頑張ろうとしている人だともっといろいろと手に取ってきたかもしれません。

私も国外で生活したことがあるのですが(一応)実用レベルの英会話は会得できず、今も自信を喪失したまま。
ですが、これまでに取り寄せた英語学習ツールはひとつやふたつなんてレベルでは無いのですが・・・><
まぁわたしも1人で学びたかったのです。

どれだけもがいても、上手く行かないというか…継続させられず…。
私の真剣さが足りなくて英語をマスターしたいって理解していない??

いやいや、それだったら少なくとも私以外の人は続いていますよね。
ひとりで学ぼうと思っても続かないのって当たり前のことになっていると化している昨今。原因は別のとこでしょう。



やりすぎな英語学習ツールがほとんど

英会話の勉強を継続させられないその要因のうちの一つに自分で学ぼうとするから、という事も関係しているのかもしれませんね。しかし、
それ以前にわたしにはレベルが合ってないような?と思ったのです。
それもそうですよね、今まで築き上げてきたわたしのゴール地点は、ナチュラルで違和感のない完璧な英語、なんですから…

となると、英会話教材を選定する際の自分の要求も同等のレベルになってしまいますよね。
初心者向けとは言っても教材を学び終えるまで数年かかるものや、難易度が高すぎたり、
どう考えてもハードル高すぎですよね。。絶対。

どういうことかというと、英語初心者用ではあるものの、同時にハイレベルな英語を扱えるようになる、という夢を見させる英会話教材を取り寄せることになります。

だけど学習していくうちにいや、これ無理だって!!と、身動きがとれなくなってしまう訳です。



リッスントークのスロー再生がイイ理由

そこで、いくつか調べて挑戦したのがこのリッスントーク。

リッスントークの学習ブログを書いたので気になる方はこちらもチェックしてみて下さいね。

ぶっちゃけるとリッスントークにはな、なんで!?と驚かずにはいられないほど、スーパーウルトラゆっくりな話し方で英語を話してくれる箇所がありまして…。

何故そんなにスローなのかわからぬまま勉強を続けていったら「なんなの?(怒」って思うかもしれませんね。

でも、ちゃんと理由があります。

ハイスピードで英語を聞き、ゆったりとした速度の英語を聞く、という方法で学習を進めていく英会話の教材もありますが、真逆です。

わたしもレコーダーに録画したトーク番組やお料理番組などを倍の速さにして眺めることがあるのですが、それはあくまで多少わからないところがあってもそこをカバーするだけの生まれ育った場所の言語の知見や経験があってのことです。

それなのに学習はまだこれから、という英語初級レベルを学ぼうとしている人に、高速英語をいきなり完璧に聞き取れといっても上手くいきません。

スロー再生で英語の聞き取りはどうにかなります。しかし、英語をマスターする上で必要不可欠な発音や意味を先に把握していなかったら聞き流してオワリ、になってしまいます。

このリッスントークに感心した点。それは、長い文を少しずつ割ってその内容を解説してくれるところなんです。

同時進行で通訳さんが英語の話を日本語に変換している時の感覚に似ているかも?

しかも凄いのは、スピーキングの勉強をする時とヒアリングの勉強をする時とでは英語の文と日本語の文の並びが変わる、という点。

英語を先に読み上げるか、翻訳した文をはじめの方に持ってくるかどっちがより効果的か分かりやすいかを丁寧に考えれれているのです。

ぼんやりと聞いているとスルーしてしまうような小さなことではありますが、これ結構重要なことなんですよ。



リッスントークの英語教材は一話にたいして4つの項目がある







ご存じの方も居られるかと思いますが、低スピードの英文を入手したかったらスロー再生機能付きのツールで外国人の会話の速度を落として聞く…等のことをできちゃうわけです。

しかし、ビギナーには必須の美しい英語や応用が利く文例、生き生きとした英語を習得していのなら素人がなんとなく用意した英文では駄目だと思います。

プロが試行錯誤を重ねて開発した教材を使った方が…つまり、学びやすいように最適化された学習教材で快適に英語の訓練をしていくほうが断然おトクだと…それがいろいろ寄り道した結果得た感想です。





リッスントークのデメリット

そもそもリッスントークは比較的簡単な英語を学ぶための英会話ツールです。

ですので、勤務先で参考にできる様な英語ではありません。

初級英語も真剣に学べばこんなに出来る!というような見方をして頂いたほうがいいかな?とおもいます。

でも、通常の会話なら全然いけると思います。

この教材はヒアリングをする為の音声とリピートする為の音声とをそれぞれ別にチェックできます。

もちろんこの二つの要素は絡み合っているので何種類もの英会話教材を並べて学習する方法とは違い、手っ取り早いんですよね。

このあたりもスピークナチュラル等のリッスントークの前の教材から受け継がれているスマートな仕組みです。

このことについては、リッスントークの公式のWebページをご覧ください。

そのほうが誤解がありません^^



リッスントークのレビュー、使用者の生の声

他ユーザーのコメントもリッスントークの公式ページに記載されています。簡単にでも読んでみて下さい。

私にはこの上のない英会話教材でしたが、この記事を読んで下さっているあなたにとってマストな教材だ!と私が断言することはできません。

独学での不安も感じませんでした。

リッスントークの公式ホームページをじっくりと確認して購入するか否かを決めて頂ければよいと思います。

リッスントークは継続的に毎月購入しなくてはならない教材ではなく、最初にいちどだけ入金すれば良いので、その辺も含めて胸を張って「いいよー!」って言えちゃう教材です。

今なら30日間の返品保証もあります^^



リッスントークでなら夢が夢で終わらない?

その小さな一歩が、のちのち大きくなるかも?

他でもないわたしがそのような結果になるといいなと、イメージを膨らませているところです。

わたしはこちらに書いている通りできることなら英語を駆使して日本国外でビジネスを始めたいという夢があります。

嬉しいことに今はヒカリが見当たらない真っ暗闇の中に少しずつヒカリで満たされてきている様な状況です。

リッスントークには、続けていけばカクジツに英語スキルをモノにできると私に思わせてくれる、そんなパワーを感じるんですよね。

なので貴方もリッスントーク、、検討だけはしてみてください。

あなたもまた、わたしのように、英語教材の先入観、自習で学習を進める際のギモンが解消できるかも…?

とりあえずチェックするだけしてみることをオススメします。

検討するのはタダですから?(^o^)



あなたは、
お手頃価格で、効率的、効果的に
使える教材が入手可能だとしたら、
使ってみたい、とおもいますか ?

その上、家に居ながらの独学です。
学習の時間を確保できずに途方にくれていた貴方に寄り添うことの出来る教材だと思います。

リッスントークは今現在、30日間の返送保証をつけてくれています。





こちらはリッスントークの公式ページの愛用者の口コミをすこしだけお届けします^^

日本の学校教育では学ぶことが出来なかった新しい練習法で、これから英語を学びたいという方に絶対オススメ



英語を勉強しても英会話はできるようにならないと感じている人にお勧めです!



身についている実感が気持ちいい!



長年アメリカに住んでいても… 初心者の人でも日本語の感覚で頭に入れていける



一日短時間でも継続することに意味がある



何回も何回も繰り返して聞いていると、自然に確実に頭に残る



1日20分という短いスパンで勉強できる内容は、忙しい会社員にとっても使用しやすい単位かと思います。



同じ文章を何回かリピートしてくれるのでとても分かりやすかったです。



内容は中学生で習った英語が出てきて、英会話をこれから始めようという人でも、抵抗なく始められて良いと思いました。



一般的な英会話教材と異なり、リスニングに追加したチャンク訳が大変役に立ちます。



お話の内容が周りで起こりうる事を題材にしてあるので、親しみやすく使う機会が多くありそうでやる気が出る。



一日20分の学習時間なら忙しい日でも作れそうですし、集中力を高めて学習できる丁度いい時間に思えました。



英語の勉強として聞いてみましたが、リスニングの聞き取りがとても勉強になった気がします。

…と、こんな感じなのですが、どうです?

貴方もリッスントーク、始めてみませんか?
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e4dw4ewtckogie/index1_0.rdf