工藤がウトウ

July 18 [Tue], 2017, 11:29
かには国産と外国産で、味に違いがあるのでしょうか。
タラバガニで比較すると、顕著な味の差はないと一般に知られています。
ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるというのが常識になっています。水揚げされた地の名を冠したズワイガニがあるくらいです。
他のブランドと違う味を持っており、国内でもそうですから、当然、外国産は相当味が違うのでしょう。
皆が大好きな蟹。

蟹がよく獲れる地域として、代表的なのは、北海道であることに異論はないでしょう。北海道といえば海の幸のメッカ。

多くの種類の蟹が獲れます。種類によっては北海道よりも別の地域が有名ですが、総合評価でなら、ダントツで北海道が一番でしょう。ところが、現実には、輸入品の蟹が道内で販売されていることも少なくないようです。
家族のお祝いや年末年始、ちょっとしたパーティーなど通信販売でのかに購入には色々なきっかけがあると思います。
かにに限っては自分で買ってくるのとは違い、相当なメリットのあるお取り寄せに決めています。

一度にたくさん買えること、それが一番のメリットです。一度でも持ち帰ったことがあれば実感できますね。買い物に行くのと違い、重さを気にせず買えるのは気持ちいいですね。最近の宅配便はきちんとしているので、自宅の玄関までは指定日、時間に正確に届けてくれます。食べたい日が決まったら指定できるのはうれしいですね。
かなりの重さになるのでそれなりに大変かもしれませんが、、入り口から冷蔵庫までのわずかな距離ですから苦にはなりません。新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢がかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。冬以外にもかにの旬があり、美味しいかにを探す人の強い味方となるかに通販には、たくさんのお店があり、取り扱うかにの豊富な種類には驚かされます。



選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。
思わず頭を抱えてしまうこともあるかもしれませんね。


では、達人の意見を参考にしてみましょう。


基準となるのは人気です。


行列店と同じで利用者が多ければ多いほど売れ残りが発生しづらく新鮮なものを扱えるので、それを基に選ぶのです。基本はたったそれだけです。

かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。人気が今どこに集中しているのかを探るには、デイリーランキングや売れ筋ランキングなどをこまめにチェックするのが効率的です。人気ばかりがものさしではないので、何回も買っていれば自ずと1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店が見つかることもあるかもしれません。
家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。これからの時期が最も美味しい蟹。旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。

蟹好きの食通たちの間では常識です。

蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。

私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。


これなら、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。
塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すればご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。蟹を調理していく場合には、蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。


いくつかあるポイントの中でとりわけ注意すべきことは、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。

大多数の方が早く解凍したいがために、蟹を水中に入れてしまいます。その方法をとった場合には、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、じっくり、冷蔵庫内で解凍させてください。ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。
土地土地で違いがあり、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。

雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。



逆に、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、多くは、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。


ネットで検索するとたくさんの業者が蟹通販をやっていますが、安心感で言うなら、なんといっても楽天市場の利用がお勧めです。単独店舗のサイトではトラブルも警戒されるかもしれませんが、楽天であれば、トラブルやリスクなどの危険を感じる必要もなくなると思います。

それだけ、楽天は鉄壁の安心感が得られます。

楽天市場ならば、少なくとも商品を注文したのに届かなかったなどという事態は実質ゼロといえるので安心してください。


活かにをさばいてみましょう。洗って汚れを落とし、30分水に浸します。


殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。
腹の三角形部分に指を入れて外し、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。甲羅と半身を分けます。

それぞれをしっかり持って、交互に半身を外すのです。外したところで現れた黒いものをきれいに除き、やっと現れたかに味噌を取りのけます。脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。このとき切れ目を入れる、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。



あとは実践あるのみです。

がんばってください。急にかにを食べたくなって仕方ないときは、そんなときはネットで、北海道など産地から直接お取り寄せできるサイトを利用してはいかがでしょうか。シーズン中なら、スーパーでもかには手に入りますが、インターネットなら、産地直送のおいしいかにも手軽に購入できます。訳あり品など、送料を払ってもまだお得なかにが見つかることも決して珍しくありません。
きっと味も量もお得なかにが見つかるでしょう。ネット通販を試してみればみんな笑顔になれる近道です。これからの時期、美味しいのが蟹ですが、蟹にはいくつもの種類があって味が違うので、初めて蟹通販を利用してみたいという方は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。中でも最も美味しいと言われているのは、なんといってもズワイ蟹が良いです。

この蟹の特徴としては、身には強い甘みがあり、蟹ミソも、いかにも蟹らしい濃厚さがあります。他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのが有名な特徴で、一目見てズワイ蟹とわかります。
かにといえば脚肉、の方も多いですが、本当のかに好きは、味噌を味わっています。


味噌でかにを選ぶとすれば、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

こってりした濃い味の味噌こそこれぞかに、という固定ファンを生んでいます。


もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ワタリガニはいかかでしょうか。
毛蟹ほどのボリュームはありませんが、独特の味わいを楽しめます。



かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。
おいしく茹でるにはゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。海水より濃くないくらいで、1%を超えない濃度とわかれば大丈夫です。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、全てお湯に浸るように注意しましょう。
食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくとみんなが気持ちよく食べられます。
今までにかに通販を利用した方、購入のチェックポイントとして、あらかじめ茹でたものと、生との選択で途方に暮れることも少なくないでしょう。

これからはこう思ってください。通販でかにを検討するならば選べるなら、何といっても活かにです。ほとんどの通販では、活かになら今は確実に新鮮でおいしいのです。
ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。誰でもズワイガニを選ぶときまあ、大きければいいという感じで選ぶ方が多数派でしょう。大きさはもちろん気になりますが、もっと別の観点を知っておきましょう。

持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。


見た目が立派でも、中身のないかにだったという話は他人事ではありません。



持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが大きさ的には他の種類の蟹よりも小さいため、どうやって選ぶかが重要で、一歩間違うと殆ど身の入っておらず味が悪い場合もあり、注意が必要です。そうすると、不味い毛蟹を選ばないようにするために注意することはなんでしょうか。


お店で買う場合は、その場で手に取れるので、重みを確認して身のつまっていそうなものを選択すればいいですがそれとは違って通信販売で選択する場合は、品質管理をきっちりと行っており、過去の実績のある販売元を見極めることが、上手な方法です。冷凍かにをまとめて購入するとかさばることもあり、丁寧に解凍しない方もいるでしょうが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら焦らずゆっくり解凍しましょう。
おいしく冷凍かにを調理して食べるために必須なのはいきなり暖かい室内に出すのではなく冷蔵庫で解凍することです。


これで水分を流出させずに解凍できるので、しっかり覚えておいてください。そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には選ぶ方法に注意すべきです。蟹と言っても種類により、違った選び方をする必要があります。

例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。避けるべきズワイ蟹は腹が白くなっているものでアメ色をしているものを選ぶのがいいでしょう。その他にも、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。



蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。


そんな蟹を安く入手するには、あなたはどうすればいいと思いますか?おそらく大多数の方が蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。



ところが、それ以上にお買い得な値段で蟹が手に入る方法があります。


「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。

それは何かと言いますと、通販です。通販で訳ありの蟹を購入することが最も安く買えるのです。

この手段を利用することで、やや見た目は悪くても、カニを安く購入することが可能です。



皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。
それなら、いわゆるブランド品のかにをあたってみるというのはいかがでしょうか。かにのブランドを知らなくても大丈夫です。ブランド品ならどこかにタグやシールがついているはずです。

特定地域の漁港で獲れたかにであるという明確な表示です。



それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だから他のかにと一緒にされないためそのブランドを作り上げたのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桜子
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e4d42i8yconwhm/index1_0.rdf