■ナンパの書【宿命】■の新事実と公園で遊ぶ美少女(少年2名)たち 

January 07 [Mon], 2013, 20:24
おはようございます。


現在■ナンパの書【宿命】■レビュー特集中です(^^)
■ナンパの書【宿命】■は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓
■ナンパの書【宿命】■体験評価はこちら


メインサイトでは、楓涼さん作の情報教材■ナンパの書【宿命】■を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前は眉唾ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

■ナンパの書【宿命】■体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


今朝の朝食は冷ご飯と、カマスと豆腐とえのきのお味噌汁

私はこれが無いとダメなの。



最速5分で食べ終わり、8時40分に我がやを出発^^



なじみのファミリーマートに寄り道して、ジョージアのコーヒーを購入しました^^



これで今日もイケるぜ^^。



出勤したら、いつものようにニュースの確認をする私(^^)

目立つのがこれかな

↓↓

 戦後日本の写真表現をリードし、多くの写真家に影響を与えた東松照明さんが82歳で亡くなった。被爆地長崎や“基地の島”沖縄に拠点を構えながら晩年まで各地で意欲的な写真展を展開しカメラを手放さなかった。東松さんを知る長崎や沖縄の関係者からは、惜しむ声が聞かれた。

 東松さんが長崎を撮影に訪れたのは60年代初め。98年には長崎に移住し、日本原水爆被害者団体協議会を代表し国連で80年に「ノーモア・ヒバクシャ」と訴えた山口仙二さん(82)ら被爆者を数多くカメラに収めた。85年にフィルムで撮影した被爆女性のかんざしと、08年にデジタルカメラで撮った女性の遺影を組み合わせるなど独自の表現を追求した。

 被写体の一人となった長崎原爆の被爆者、小峰秀孝さん(72)=長崎市=は「写真は最もインパクトがある被爆体験の継承手段。もっと撮ってほしかった」と悔やんだ。知り合ったのは20年以上前。小峰さんが開いていた理容店に東松さんは通い続けた。爆心地から1・5キロで被爆しケロイドになった小峰さんの右足甲や家族のポートレートは写真展「長崎マンダラ」(00年)で展示された。小峰さんは「被爆体験を後世に残したいという気持ちは自分も東松先生も同じだった」と話す。

 長崎市在住の芥川賞作家で、長崎原爆資料館長を務める青来(せいらい)有一さん(54)は、00年の写真展で対談した。青来さんは「被爆者に向き合い1回撮って終わりでなく、長い人間的なつながりを大切にされていた」と振り返った。

 東松さんは10年、沖縄県に居を移し、基地の街だけでなく、米軍の影響をはねつけるような沖縄の文化も活写した。同県豊見城市在住の写真家・石川真生(まお)さん(59)は東松さん夫婦が沖縄に移住後、親交を深めた。「入退院を繰り返しながらも撮影を続けた。写真に生き、写真に死んだ。あんな写真家はもう出てこないだろう」と惜しんだ。

 同時代をともに過ごした写真家の江成常夫・九州産業大学名誉教授(76)は「社会派作品から私的なドキュメントまで時代を切り取る偉大な写真家として生涯貫いた。『巨星墜(お)つ』という感じ。惜しい人を亡くした」と話した。
(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)



うそっ(*_*;

無駄ムダ(笑)



話は変わって、今日の仕事と言えば。。。

予定通りに進めばメルマガに7時間と、
オークションに4時間。



先日と同じだから何にも問題無しです。



本日も稼ぎます(^^)



そういえばこんなの

↓↓





あれ?殆ど被って無い?

ドンマイ!



それはそうと今日のよるごはんは何しよ?

おでんか海老炒飯が良いな〜



これも良いか?

↓↓





おそらくNEXT記事はがんばって今日中に・・・出来るかな?

ではまた次回!