次回期日直前の面談を要請―全国B型肝炎原告団・弁護団(医療介護CBニュース)

April 23 [Fri], 2010, 5:27
 全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団は4月21日、「面談拒否に対する再度の抗議及び面談要請書」と題する文書を長妻昭厚生労働相にあてて提出した。文書では、面談を拒否し続ける長妻厚労相の対応を批判した上で、札幌地裁の次回期日の直前である5月11、12日に面談に応じるよう求めている。面談要請は今後、他の関係閣僚にも行う予定。

 文書では、政府が和解協議に応ずるか否かの回答自体を引き延ばしている上に、被害者である原告らの声を聞こうともしないとして、「断じて許されない」と批判。面談に応じないことに対し、「落胆するとともに強い憤りを感じている」と強調している。
 その上で、5月11、12の両日に厚労相との面談を求めて参集し、政府内での検討結果を聞きたいと強く要望している。

 21日の記者会見で原告団の谷口三枝子代表は、「財源問題を理由に、いつまでわたしたちは野ざらしにされるのか」と述べ、「わずかな時間でもいいので、わたしたち患者の声を聞いていただきたい」と訴えた。

 原告団・弁護団は4月20、21日の両日、鳩山由紀夫首相や長妻厚労相ら6大臣への面談要請が実現しなかったことに対する2度目の抗議行動を実施。原告ら約140人が集まり、厚労省前で座り込みなどを行った。

 同訴訟では、集団予防接種での注射針の使い回しが原因でB型肝炎に感染したとして、患者や遺族が国を相手取り提訴。札幌、福岡の2地裁が和解を勧告しており、札幌地裁の次回期日は5月14日となっている。


【関連記事】
和解に向け面談を再要請―B型肝炎原告団
B型肝炎訴訟、「具体的な話できる段階でない」―長妻厚労相
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
<伊賀市>20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
地域政党 「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
普天間移設反対、徳之島で1万人規模の集会(読売新聞)
ローソンに3千万円要求の脅迫文 商品にカッター刃と関連か(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/e44h5bn1/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。