沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)

April 21 [Wed], 2010, 14:25
 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の第6展示室「現代」の沖縄戦「集団自決」に関する記述で、沖縄県の一部市民団体などから抗議が寄せられている問題で、同館は18日、展示内容を再検討する委員会を開催し、継続審議とした。委員らは「集団自決には何らかの軍の関与があった」との認識で一致しているといい、今後、展示内容を変更する方針だ。次回委員会は5月中旬以降開催される予定。

【関連記事】
沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開
沖縄戦集団自決 「検定に政治介入なかった。検定意見は堅持」と川端文科相
大手学習塾教材に自虐史観 南京犠牲「十数万人」記述も
沖縄集団自決「軍の命令ではない」 地元誌特集

<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相(産経新聞)
2億円強奪2被告認める 現送車襲撃初公判(産経新聞)
ワシントンで「サクラチル」=鳩山首相(時事通信)
平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/e44h5bn1/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。