南アW杯 人種の壁越え開幕(毎日新聞) 

June 18 [Fri], 2010, 12:44
 人種、国籍、文化の違いを超えて世界を熱狂の渦に巻き込むサッカー・ワールドカップ(W杯)が11日夜開幕した。かつてはアパルトヘイト(人種隔離)政策を固持し、世界的スポーツ大会から締め出されていた南アフリカが今回の開催地。五輪とW杯というスポーツの2大祭典のアフリカ開催は初だ。治安問題などを懸念する声は絶えないが、人々は手を携えて世界の人々を迎える。今は世界的舞台への道は開かれている。開幕の高揚の中、南アの少年プレーヤーは語った。「フェアプレーが見たい」

【リアルタイム速報】南ア・メキシコ開幕戦 実況詳報と写真特集

 アフリカ大陸の先端・喜望峰。地域の中心ケープタウンからは、人種差別闘争の象徴、ネルソン・マンデラ元大統領(91)がかつて収監されていたロベン島も見える。岬に最も近い「世界の端」の共用グラウンドで練習するニューカースルフットボールクラブのメンバー、ルカンニョ・シュポーザ君(14)は、友人宅に集まって開幕戦を観戦。「世界のプレーヤーが一堂に集まる。それぞれの国のチームの特徴が見たい」と声を弾ませた。

 メンバーの黒人少年たちは、いずれもアパルトヘイト政策撤廃(91年)後に生まれた。多くは、黒人居住区に住む。街の名はマシプメレレ。家々の多くはトタン造りの平屋で、洗濯物が雑然と並ぶ。

 でこぼこだらけのグラウンドだが、黒人居住区のいくつかのチームが集う。住民が貧しい生活の中から金を出し合ってユニホームも買いそろえた。南アは、貧困で追い込まれて暴力や麻薬売買に走る子供が後を絶たない。世界一とも言われる高い犯罪発生率の原因の一つでもある。サッカーは、その防止にもつながると考えられている。

 足りないユニホーム代は、居住区外の知人や企業が出した。その中には白人もいる。90年にマンデラ氏が解放されるまで30年近く、スポーツの国際舞台から締め出されていた南アフリカ。人々は今、人種の壁を越えて、少しずつ力を合わせている。

 シュポーザ君は「サッカーは楽しいよ。うまいと人気者になれるもん」と満面の笑みを浮かべる。「好きな選手はスペインの(ストライカー)ビリャさ。日本っていう国のことだって知ってるよ」

 「いつかバファナ・バファナでプレーするんだ」。メンバーは声をそろえた。11ある公用語の一つ、ズールー語で「少年たち」を意味する南ア代表の愛称だ。今の南アフリカの少年たちには世界の人々の前でプレーできる未来がある。

 マシプメレレは、現地のコサ語で「乗り越えよう」という意味。さまざまな壁を乗り越え、南ア人が開く「世界の祭典」が始まった。【ケープタウンで安高晋】

【関連ニュース】
【今さら聞きづらいW杯解説】強いチームは? 誰に注目? 5分間で丸わかり
【開幕日に登場】フランスまさかの1次敗退も? 思わぬ混戦模様、A組展望
【日本代表企画 挑む23選手】個々に全員を分析 横顔とプレースタイル
【特集 南アW杯】E組展望 日本の勝算は?…対戦国を徹底分析 日本戦日程も
【特集 南アW杯】日本の初戦はいつ? 日程表をチェック

菅首相「なぜ問責決議案が出るのか理解できない」(産経新聞)
<口蹄疫>菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
口蹄疫、非常に危険な状態=農水相(時事通信)
<動物愛護管理条例>野良猫に無責任な餌やりを規制 伊万里市(毎日新聞)
梅雨入り 関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)