段取りこそ引っ越しで一番大事なこ

June 29 [Wed], 2016, 9:19
段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。数と大きさを考えながら梱包材などの梱包材を揃え、梱包作業を順次行って下さい。日用品は取り除けておき、それ以外を大体の用途で分けた上で順次ダンボールに詰めましょう。中身が何か書いた紙を、梱包材に貼っておくと荷解きの順番を考えられます。


電気を始めとし、ガス、水道、電話など、移動のための手つづきも抜け落ちないように気をつけて下さい。就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、自分の転居の日までの、作業プランを作っておくと役にたちます。
引っ越しの準備をあまり早い時期に始めてしまうと今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、遅すぎる場合は予定に間に合わなくなることも考えられます。

ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからまとめていくようにすると作業を段取り良く進められます。

家を引っ越すというのは大しごとになります。
するべきことがたくさん出てきますが、そのなかにも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道は、とにかく水洗お手洗いが使えるようになりますし最重要項目の一つでしょう。

水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが都合がいいかというと、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますので辞めておき少し余裕を見つつ、転居当日の一週間程前の辺りに使えるようにしておくことができれば、安心です。
この町の会社に勤め始めた10年前に、現在住んでいるアパートに転居ました。
3年くらい働いたところで、実家の近くに転職したかったので実家に住民票を置いたままにしていました。
しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞めるタイミングが見つからず、結婚(人生の墓場なんていわれたりもしますが、実際にこんなはずじゃなかったと思うことも少なくないようです)の話まで出てきて、よく調べてみるとここの方が税金が安いので今さらですが、住民票を動かしたいのです。

これまで何度も転居をしてきていますよねが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。
「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。
はずかしながら、自作の陶器でしたから、「まさか」と思い、衝撃をうけました。といっても、高い物ではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。以降、沿ういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。

ご自分の車がある方は、転居のとき自動車にも住所変更手つづきが必要になります。沿うしたらナンバープレートも変わることになるのか疑問に思うでしょう。
答えはシンプルで、変更されるかどうかは転入先を管轄する陸運局の問題です。


引っ越す前も後も、同じ陸運局の管轄だったらナンバーは変わらなくなります。
管轄がちがう地域に引っ越すのだったら、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。専門会社を使うことなく、なるべく自分で梱包などをおこないたいのだったらできるだけ、荷創りの数を減らしましょう。

そんなに引越し荷物を載せられない、一般乗用車で引越し荷物を運ぶのですから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って梱包作業をする、割れ物の類は衣類でくるんで荷創りする等々、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。



こうして、引越し荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。



毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけとは限りません。
隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。

よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶は早急に済ませましょう。ちょっとした手土産を携えて訪問することを忘れないで下さい。

簡単なあいさつで構わないのですから、印象を良くするよう気をつけましょう。

まずは第一印象です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクラコ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e3ruafclw5csto/index1_0.rdf