とりあえず読書日記

November 15 [Thu], 2012, 22:09
毎日がしがし読みまくっていて数が多過ぎるので、忘備録代わりにタイトルと著者名と一言感想を書いておくことにする。
本日の読み物ジョンランプリエールの辞書下巻ローレンスーフォーク推理小説だが、下敷きになっているギリシャの描写が作者の知識の多さをあらわしている。
修辞的で重厚な文体とそれをからかうかのような軽さに富んだウィットが魅力。
しかし、あまりにも文章が冗漫すぎ、改行なしでビッチリ数頁延々と続くちょっとした寄り道が多過ぎたせいで、せっかくの本筋のスピード感を殺いでしまったのが残念。
おんなの窓123巻伊藤理佐昔は所謂お年頃結婚適齢期ころの女性を妙齢と呼んだが、イマドキの妙齢は周囲から妙に気を遣われてしまうお年頃3040代の独身女性を指すようになった。
そんなイマドキの妙齢おねいさんのマヌケなお一人様満喫ライフが読んでいて楽しいやら身につまされるやら。
女帝エカテリーナ上下巻アンリトロワイヤ昔、池田理代子の漫画で読んだ作品の原作本。
作者はフランス人なので、ヨーロッパから見たロシアがよく描かれていて感動した。
世界大戦終結で帝政が崩壊するまでの、最後の皇帝の前の代までの実に100年レズ掲示板4代に渡って女帝の時代が続いたというロシア。
日本では考えられない。
やはり凄い国だとこの本を読んで改めて痛感した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e2zgj20dzz
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e2zgj20dzz/index1_0.rdf