じんましん 飲み薬

May 08 [Sun], 2016, 19:04
病巣感染によるじんましんとは、病気をもってる人に生じるじんましのである。
症状は皮膚の赤味、かゆみ、わずかな腫れが結びつくるのだ。
病巣感染とは、バイ菌による感染症の病気で、そのヶ所とは関係ない離れたヶ所に障害が生じる事である。
この病巣感染の原因は60%が扁桃腺炎と云われている。
30%が歯の病気そしてそれ以外の病気が10パーセントと云われている。
よく発病する例は、虫歯、扁桃腺炎、副鼻腔炎等が挙げられ、それに伴い、かゆみ、湿疹、じんましんが生起するケースの場合が有る。

日光じんましんは、体に日光が当たると手足、背中、太もも、腹部等に、かゆみを結びつく発疹が出たりする。
日光じんましんの可能性が高い人は以下の通りである。

★部屋の中ではかゆみがないのに、出掛けると発症する

★季節は春と夏がおおく、紫外線の少なくない時期に成るとかゆくなる

★プールや海等で露出した時に、かゆみと赤みがでる

★直射日光にあたったヶ所の皮膚に発疹が出現し、かゆくなる

ピロリ菌は、狭心症や心筋梗塞等の自己免疫疾患、虚血性心疾患、神経疾患等もその一つで在り、皮膚疾患もピロリ菌の影響を受けているのである。皮膚疾患にはかゆみ、湿疹が良く有るが、じんましんが生起するケースの場合も有る。

★じんましんの薬 シロップ剤
のどの通りをよく呑み込みやすくした内服薬。白糖の溶液や、これ以外の糖類、甘味剤がプラスして有る。
液状のものはシロップと言い、粒状の物はドライシロップと云う。

★じんましんの薬 ローション剤
ルッとした感触が特徴点の薬である。水性液の中に薬を均等に分散させた液剤である。

★じんましんの薬 スプレー
外用薬で、液体を霧状に飛ばする。冷却効果でかゆみを制御するもの等が有る。



  • URL:http://yaplog.jp/e29ukd853cz9t/archive/1580