じんましん 更年期

May 11 [Wed], 2016, 17:18
じんましんの予防は、じんましんの経験から決断し予防する事が出きる。
自身のじんましんが、いつどこで、どのような原因で発症するかを気付く事が予防の最良の対策に成る。
その為にも皮膚科の専門医の診察を受ける事をお勧めする。
丁寧に吟味してもらう事で、原因が判明すれば、その原因を敬遠する事でじんましんを防ぐ事が出きる。

どのにきびも一時的な症状であるが、適切にただしい治療をしないと、跡が残ってしまう。
にきびには2つのメインの原因が在り、一つは男性ホルモン等の働きが大幅に影響する。
皮脂腺からの脂の分泌が盛んに成る事でにきびが出きる。もう一つは、毛穴の出口が硬くなり、常在するアクネ桿菌や男性ホルモンが関係している。
にきびが出きる場所は、顔、胸、首筋、背中等におおく見られ、手の甲や足の裏に、にきびは一切合財出きない。
この原因は、にきびが出きやすい脂線が集中しているか、いないかである。

心理的負担やストレスという心理的負荷等でもじんましんが発症する。
病気の副作用、細菌、ウイルス等の感染でも同じくじんましんが発症する。
特定されたものではなく、日常生活のありとあらゆるものがじんましんの原因となる。
急性のじんましんの特徴点は、1時間以内にでる事が少なくない為、原因を吟味するには、直前に何を口にしたか、何を接触したか、何をしたか、どこに行ったか等を考慮して欲しい。
しかしじんましんは絶対に毎回でるとは限らない。
下痢をしている時等体調の悪い時に出やすくなる。

★にきびとじんましんのちがい

にきびとじんましんが似ているのは、赤みが帯びて、ふくらむ症状である。
にきびは顔から首にかけて広がり、背中にも出きる。
背中に出きるにきびは、背中にきびと呼び、専門的な治療が必要となる。
じんましんと似ている所は、じんましんの形が多種多様あ為、にきびのようなブツブツにみえる為である。
にきびはじんましんと比べ、進展速度が遅く、じんましんは痛みやかゆみが出る。
にきびには、かゆみがでる事は殆どないのだ。
また、にきびはやわらかく、膨らみに脂がつまってる為、つぶすと皮脂が現れる。