じんましん 掃除

February 06 [Tue], 2018, 17:09
じんましんの本は、自分の家に1冊あるだけで、急な症状に対応する事ができ、途方もなく役に立つ。
そこでじんましんの書籍にかんして案内したいとおもう。

★書籍名 ファーマナビゲーターアレルギーシリーズ アレルギー性皮膚疾患編
★出版社名 メディカルレビュー社
この本には、アトピー性皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、アレルギー性光線過敏症、じんましん、薬疹、皮膚血管炎、多形滲出性紅斑
等にかんして記述された本である。

西洋医学とでは、急性じんましんや慢性じんましんのケースの場合、薬に使用されるのは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬に成る。
重度のじんましんのケースの場合は、ステロイド薬の内服や点滴等を実践する。
アレルギー性の疾患に対して、漢方治療は、基礎的な体質をアレンジする目的で使用する。
じんましんは心理的影響のケースの場合が少なくない為、総合的な治療をする漢方薬は、適した治療法とも云える。
かゆみが凄い時は、抗ヒスタミン剤を併用するが、漢方単独でも効果が待望出きる。

血管神経性浮腫のメインの症状は、まぶたや唇等に、直径数センチのむくみがふいに現れる。
数時間から、長くても3日ほどでむくみは消失するが、血管神経性浮腫は再発をくりかえする。
通常はかゆみや痛み等はなく、表面には張りが在り、押さえても引っ込まず、数は1度に数個レベルである。
むくみのでる場所は、胃や喉の粘膜がむくむ事もあり一定じゃないのだ。
胃のケースの場合は、腹痛や嘔吐、下痢等を起こす事が有る。
のどのケースの場合は呼吸困難を起こす事があり危険である。
原因は、なぜ生じるのか、詳しい事は把握出きていないが、血管神経の異常が原因とされている。

★じんましんで使用する薬(使用法) 外用薬
外用薬は皮膚につける事で効果を上げる。
軟膏やクリーム剤、液剤等が在り、目薬も外用薬に成る。

★じんましんで使用する薬(使用法) 注射薬
注射薬は、即効を上げる為に使用する。皮下や筋肉、静脈等に直接薬を注入する。点滴のケースの場合、時間をかけて多量の栄養剤や食温水を注入する。

★じんましんで使用する薬(使用法) 内服薬
内服薬とは飲み薬の事を云う。胃や腸でとけて薬が吸収される。吸収された内服薬は血液中に入り、体内をめぐって薬効を発揮する。

★じんましんで使用する薬(使用法) 坐薬
坐薬は肛門に挿入して効果を上げる薬である。乳幼児の解熱薬や痔の治療薬等によく使用される。

★じんましんで使用する薬(使用法) 吸入薬
吸入薬は、外用薬の一種に成る。
吸入器で薬を口中やのどに散布し、喘息やせき、のどの痛みに使用される。インフルエンザの治療等にも使用される。