au 通信料

February 06 [Tue], 2018, 15:26
文字や画像、音声サービスを纏めて(まとめて)使用出きる「Hello Messenger」を気付いているだろうか?
今までのメールや通話とちがい、チャット感覚で文字の送受信が出きるのである。
それに、トランシーバーのような使い方が出きる音声通話や、撮影した写真のやりとりが同時に楽しめる。
使い方は簡単、コミュニケーションしたい相手をau電話のアドレス帳等から呼び出す事で、友達や家族等最大最高5人までリアルタイムでチャットやおしゃべりが楽しめる。
まさに、新スタイルのコミュニケーションサービスである。

そこでべんりなのが、auの新感覚コミュニケーションサービス「Touch Message(タッチメッセージ)」である。
ケータイを重ね合わせるだけで、簡単にメッセージの交換が出きるのである。
しかも、受け取る人はなんの操作もしなくてOKである。
そこが赤外線通信とちがうところである。
そして、活用料もパケット通信料もかからない。
また、データフォルダの写真やアドレス帳、プロフィールも直接送れる

そこで、これらの電話がどこから緊急通報をしているのか、通話と同時に現状部分のデータを通話先に通知するようにしたのが緊急通報部分通知システムである。
日本では、総務省が関係法令の整備をすすめ、緊急通報の際に発信者の部分を通知する事が2007年4月より義務化される事となった。

更に、お子さまにも使用しやすいように試行錯誤されている。
弱い雨の中や濡れた手での使用、水しぶきレベルであれば電話機としての性能をキープする事が出きる。
ひらがな表示にも対応して、ちっぽけなお子さまにも途方もなく使用しやすいのである。
画面のデザインもかわいく、お子さまにも操作しやすく為ってる。
専用ホームページからは、 "ポケモン" 等人気キャラクターの待受画面もダウンロード出きる為、お子さまはワクワクしてしまう。
auの「ジュニアケータイ」はお子さまに持たせても安心であるし、ベストな機能が満載な携帯電話である。