もし貴方が不倫などに向き合うことになり慰謝料を

July 11 [Mon], 2016, 1:10
もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する側になったとすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を突き付けられるようにしないといけません。
それには探偵の浮気調査が有用で、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を映像に残して貰えますし、適切な形で裁判にでも通用するように、貴方の手に届けて貰えるでしょう。探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。


当然ですが、調査員が1人なら安く、増えるほど高くなります。



また、尾行のために移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間あったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功したということになってしまいます。浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬を請求されるのです。GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在いる場所を把握したり、記録されたデータを後で読み出し行動の様子を分析したりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。



これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。カーナビから履歴を確かめ、浮気相手と車でデートしたところを見つけられる場合があります。履歴があまり見たことない場所であった場合注意しなければいけません。そして、何度ももし給油していたら、デートを車でしているかもしれません。もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調べる時間が少なくて済むので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。ですが、いつ浮気をしているか把握していても、見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、ほとんど駄目でしょう。
気づかれずに写真撮影を行うにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。わけもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵に依頼すると、欲しい浮気の証拠がつかめます。素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。
原一探偵事務所で基本料が半額です。だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。 追跡グッズという探偵が使うものは 自分でも買えるのかと言われたら、買うことができるのです。
追跡グッズは、GPS端末を一般に用いることが多いのですが、これはいかなる人でもネット等で購入が可能です。車に載せるGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも当然購入できます。成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。成功報酬の条件では調査が成功しなかった時、料金の支払いをしなくてよいので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。したがって、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、選んでいる人さえいるのす。

夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。

浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもあっていいやり方でしょう。


離婚も辞さない覚悟なら、実行する余地はあるかもしれません。



生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行ってもらう場合、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど支払う費用も高くなるのです。


探偵業者によって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。



調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、別れるべきか否か選択に困りますよね。そうならないように、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。

夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気をした、されたといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。同様に、父親が一人で育てる場合も簡単に仕事と両立することはできないでしょう。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うのが当たり前だからです。
近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。何気なく電話していることももちろん考えられます。本人が知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要とされる技術および機材があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠として扱われません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして覚られないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:Maria
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる