発達心理学の決定版!

May 28 [Wed], 2014, 21:41
オオカミ少年は、インドでオオカミの穴に出入りしていた二人の子どもの事例です。
乳幼児期にどのような経験をしたかが、その後の発達に影響を与えるのだということです。
そのため、発達心理学と深い関連を持つ、保育所保育指針を読んでおく必要があります。
しかし、人間は成長すれば成長するほど、自分自身を変えることについて、抵抗が大きくなってきます。
なお、発達心理学としての老年期は、一般的にこれまでは否定的なイメージでとらえられてきました。
ですから、子どもがどの様に発達していくかということをしっかりと押さえておく必要があるのです。
子どもが発達していくうえで初期経験は重要だと言われます。
人間は人生のどの段階でも変わることはできます。
発達心理学では、成長につれてどのような課題や、成長に関しての影響があるかを学習しますが、エリクソンはそれを細かく分析しているのです。
逆にその初期経験の時期に、愛情を示すための働きかけや言葉掛けが不十分だったりすると、周囲への無関心や絶望感に結びついていきます。
ですから、初期経験で発達のために好ましくないような経験をした人も、変わっていくことはできます。
発達とは、人の生涯で起こる心身全ての変化のことを指します。
保護された時は、一人は推定2才でアマラと名付けられ、もう一人は推定8才でカマラと名付けられました。
発達心理学には、「個体発達心理学」以外に、「動物心理学」や「民族心理学・文化人類学」も含まれます。
発達心理学ウェブログ

発達心理学図説

発達心理学大解析
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e1qjew1h
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e1qjew1h/index1_0.rdf