黒い太陽 長瀬

May 11 [Wed], 2016, 6:19
黒い太陽第4話にかんして本日はご案内いたする。
黒い太陽、昨年永井大さん主演で、テレビ朝日系金曜ナイトドラマで放送されたのだ。
このドラマは新堂冬樹さんの同名小説をもとに造られている。
キャバクラと云う夜の世界を舞台にした物語で、主人公立花篤がキャバクラのボーイから夜の帝王へと上り詰めていくプロセスを描いている。
キャストや黒服の複雑な人間関係、夜の世界の人間をあっと述べさせたほど踏み込んだ夜の世界の裏側を描いており、観る者を飽きさせない。

それでは第2話にかんしてご案内いたする。
前回、客を殴った事により、謹慎処分になった立花。しかしながら、社長の藤堂は謹慎が完了したら立花をホール長へ昇格させると云う。
夜の世界で活動する事に未だ抵抗感がある立花は藤堂に連れられて、キャバクラ「ピンクソーダー」へ足を運ぶ。そこで、ホール長長瀬と出逢う。
彼の無駄のない動き、見事な客の扱いに目を奪われた立花は、彼だけには負けたくない、と対抗意識を燃やする。

第4位は2003年に放送された「特命係長・只野仁」で平均視聴率は11.96%である。
第3位は2007年に放送された「帰ってきた時効警察」で平均視聴率は11.99%である。
第2位は2005年に放送された「特命係長・只野仁(2ndシーズン)」で平均視聴率は14.12%である。
そして第1位は2007年に放送された「特命係長・只野仁(3rdシーズン)」で平均視聴率は14.35%である。
特命係長・只野仁シリーズがベスト5中3本ランクインしている。

しかしながら、藤堂が宣戦布告に乗り込んでき、余裕たっぷりに「ミントキャンディでつかいものにならなかった奴らの吹きだまりか」と店内を見回し去って足を運ぶ。
立花は自身を裏切った千鶴をミントキャンディから引き抜こうと千鶴に会いに足を運ぶ。
千鶴はレッドフェニックスにやってくるだろうか、立花は藤堂を倒す事が出きるのだろうか。第7話も目が離せない。