ねこのしっぽ 働きマン

May 11 [Wed], 2016, 6:36
実は働きマンがドラマ化するにあたって、「ニュースウォッチ2ちゃんねる」では、「≪働きマン≫ 安野モヨコ「主演がショボい!」とフジ版キャストにブチギレ→フジから日テレに」と題されたニューススレッドが話のネタをよんでいる。

本来原作漫画のファンだったボーカル・TAKUYA∞(27)が、作詞を手がけた。
「個性をもって社会にでて、他の人が気に成るとおもうけど≪有るがままの自身でいい≫と云う曲」と、就職経験があるギターの克哉(27)は語った。
活動する女性を主役にしたストーリーを彩る、パワフルなナンバー。

たぶん見つめなおす事で、松方のように「仕事していて最高に気分良い瞬間」がやってくるとおもう
その瞬間を是が非でも賞味してみたい!!

この漫画で、やりたくない「張り込み」の仕事を中途ハンパにして、やりたかった「大好きな作家の担当」に心を奪われている記者に、編集長が説教する。
「振り向いてるヒマなんかねえんだよ いつだって真剣勝負何だから まず目の前の仕事だろ」と。

-これまでの安野モヨコさんの作品-
☆花とみつばち(2000年、週刊ヤングマガジン、講談社)
☆監督不行届(2005年、FEEL YOUNG、祥伝社) ISBN 4396763530
☆Peek a boo!(1995年、別冊少女フレンド、講談社)
☆ハッピー・マニア (1995年、FEEL YOUNG、祥伝社) 1998年、フジテレビ系でテレビドラマ化。
☆ジェリーインザメリーゴーラウンド(1997年、CUTiE、宝島社) 1998年、テレビ東京系でテレビドラマ化。
☆超感電少女モナ(1994年、別冊少女フレンド、講談社)
☆さくらん (2001年、イブニング、講談社)2007年、映画化。監督:蜷川実花、主演:土屋アンナ
☆TRUMPS!(1994年、別冊フレンド、講談社)☆パトロール・QT(1997年、講談社)
☆脂肪と云う名の服を身に付けて(1997年、週刊女性、主婦と生活社)
☆チェイシング・エイミー(1998年、青山出版社)
☆美人画報 (1998年、VoCE、講談社)
☆エンジェリック・ハウス(1999年、Amie、講談社)
☆カメレオンアーミー(1999年、コーラス、祥伝社)短編集
☆ジェリービーンズ(1999年、CUTiE、宝島社)
☆ツンドラブルーアイス(2000年、YOUNG YOU、集英社)
☆ラブ・マスターX(1998年、CUTiE comic、宝島社)
☆ベイビーG (2001年、CUTiE、飛鳥新社)
☆シュガシュガルーン (2003年、なかよし、講談社)第29回講談社漫画賞児童部門受賞。2005年、アニメ化。
☆働きマン (2004年、週刊モーニング、講談社)2006年、フジテレビ系ノイタミナ枠でアニメ化。