勇だけどイタリアン・グレーハウンド

September 22 [Thu], 2016, 14:30
常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。予定にない急な出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、それでも、土日はかなり休める印象です。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういうところでは大体は土日は休めるようになっているでしょう。正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必須です。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。勤務中の看護師というのは片時も気を抜くことはできないでしょうし、こうした生活が続くと多くの看護師はストレスに悩まされます。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、精神的なきつさも感じることになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。その時給ですが夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが相場のようです。これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、医療機関で働く専門職ですし、かなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。それに加えて外来勤務においては、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。どんなスキルが必要になるか、ということも病院や、診療科によっても違います。どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接という流れになるのがふつうです。その場で、これまでの経歴や志望の理由について聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、能力的なこと以外に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも見られています。人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。実際の看護師資格取得の難易度はどれ程のものなのでしょう。受験生全体の看護師国家試験合格率は90%近くが毎年合格できているようです。内容も学校で理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、特別に看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、どうしても転職率も高い数値になります。このような傾向から、転職サイトの中でも看護師専用のものが多くあります。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、手間なく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを参考にしてみるのが良いでしょう。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、これは多くの病院で行われるようになっています。病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測り、評価できるように、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。評価を行なうのは、毎月の病院や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、高いモチベーションを保てます。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も必要で、多くの看護師が大変な激務の状態にあるということです。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて給料の額が減ってしまうことがほぼ確実なのです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、色々と事情があって就職し、会社員として働くことになりました。でも、夢を諦められませんでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、現場で看護助手として働くと同時に看護師資格を取る方法があることを知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。まず、大学はどういったところかというと、最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。覚える必要のある仕事や繰り返しのチェックなど優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も少なくないそうです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、一にも経験、二にも経験となります。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。規模の大きい病院に移ってさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。総じて大変だと思われる看護師ですが、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、途中で休憩をとることはとるのですが、合計して16時間勤務となることもあるのです。長時間勤務がザラだということも看護師として勤務することがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。けれども、多忙を極めていてくたびれている時でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。ほんの少し前まで文句を言っていた人が突然笑顔になるのです。時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、それを活用できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。看護師は、患者と接しなければいけないので、髪形にも配慮することをおススメします。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いでしょう。また、病院によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを忘れないでください。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、随分と高給です。医療現場という、人命のかかった職場であり、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり残業を厭わずに長時間こなす等々、そんな看護師なら確実に給料は、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復した患者さんが退院していき、その上、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、最高にやりがいを実感できます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、辞めてしまおうと願い、悩んでしまうと思うのです。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。さて、看護師を養成するための機関といいますと看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学や学部の人気が高まっているようです。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そのため求人の数はとても多いのです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、よく見てみると、どちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。ですので、「いいお給料で看護師をしたい」というのならば仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤で働けるところにしましょう。夜勤帯に働くかどうかで給料の差は大きくなります。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。毎日、看護師として頑張っている中、大変な目にあったりもします。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。しかしながら、医療機関の種類や、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。法律において、看護師というものはどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。しかしながら、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、急を要する場合には、キャリアのある看護師には一部の医療行為を認めるべきだと思っています。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。ただ、本業の医療機関において看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴琉
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e0vrm0tenvete5/index1_0.rdf