シオカラトンボだけど藤山

September 09 [Sat], 2017, 15:54
すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。看護師らの労働環境はあまり良くはなく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死してしまった看護師もいたのです。

きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、看護師需要は高まるばかりで、看護師にかかる心身の負担は大きいです。


産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。

産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのはほとんど不可能です。興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。

3年の間、看護専門学校に通学し、国家試験を受けるにあたって要する資格を得られます。


このルートで免許取得を目指す人が一番多いです。実際、病院で行われている実習が他に比べると多いということもあって、勤め先でも案外早く業務を行うことができます。
患者という立場から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。そのため、うつ病を患う看護師も多いそうです。
看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。

今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。



家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。



でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に看護師さんの中で、子連れで来ている方が結構目立つんです。先生方も歓迎ムードで、終始温かないい雰囲気となりました。病院や医療施設などで看護師が就業する時、配属先がとても重要な要素です。


同じ病院で働く場合でも配属される科によって、仕事内容がかなり違ってきます。


自分が志望していた配属先ならトラブルが生じるケースはありませんが、不得意と考えている配属先だと配属先の仕事をこなせないケースも考えられます。



初めて看護師の就職先を探してみても見つからずに失敗が続くという場合、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、病院が内実に採用の年齢を決めている場合があります。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、厳しいケースが多いです。看護師の年収は高額だと思われている方もいるかもしれません。そうは言っても、ナースは夜勤がないとあまりお金を得ることができず、トータルの年収もそれほどでも無いことがあります。


そのため、独り身の時は定期的に夜勤がある医院で働いて稼いで、成婚後は夜勤のないクリニックに再就業する方も多いでしょう。

こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。
職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。

ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、それを活用できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。

仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mariko
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる