熊野だけどTAKAYO

May 01 [Mon], 2017, 9:17
看護師の転職サイトは、看護師用に運営しているので、市販の求人情報誌では探せないような特殊な転職先を教えてくれる場合もあるみたいです。


それだけでなく、簡単には得られない転職先の雰囲気までわかるのです。
転職をしてしまってから、悔しがらないために、看護師の転職サイトを試しましょう。


看護師を志望するようになった要因は、実際にどのような体験を経て看護師をめざすようになったのかを交えると良い印象を与えます。

転職時の志望動機は、これまでのキャリアを活かしたい、さらに周囲の役に立つ技術を習得したいなど、前向きな姿勢を印象づけてください。



前の職場で折り合わなかったことは抑えることが大切です。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。



CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、うっかりミスなどが無いようにしましょう。それからまた、薬の取り扱いについても調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。どんな病院で働いていても、看護師というのは、大変なこともいっぱいある仕事ですが、他の仕事よりは、続けやすい仕事であるともされています。

例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、再就職しやすい職業でしょう。高度な専門性が産休の後の復帰のしやすさに結びついているといえるのです。


生涯、就職先に困らないとされる一方、離職率の高い職種でもあるのです。
一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり収入の面で恵まれている印象を受けます。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが目立ちます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。

こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師を選ばない理由はないでしょう。
夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。

休日や時間休も取れますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大勢いる、というのが現実です。
例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら安心して託児ができる施設などがなければ夜勤業務などは、できなくなってしまいます。



ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため職場に戻ってきたりする人も徐々に増えつつあるようです。
看護師というのは各医療機関でとても大切な役割を背負っています。


ですが、多くの病院や医療機関ではそんな看護師が不足していることに悩んでいるのが現況となります。



残念ながら、医療の場では、看護師の不足した問題を基本的にはほぼ解消できていません。
この先は、わずかでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。みなさんご存知のように、看護師の休日については働いている職場で違っています。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、休日や出勤日が変則的なこともよくあります。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

それから、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。それらを承知の上でなお、看護師になろうと志望する人が引きも切らないというのはやはり、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいにメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。退職金に関心を持っている看護師もたくさんいる可能性もあります。退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。


続いて、退職金の金額が大きいのは大学病院でしょうか。

小規模な病院の場合、多くありません。


やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、大規模な医療施設の方が処遇が良好といえます。日本では、長寿化が加速し現在では超高齢化社会になりました。
この状況下で、需要が見込まれる職業が医師や看護師、介護士ではないでしょうか。



全て専門知識とか技術が必要とし、楽な仕事とはいえません。


3つの職業人を育てることについて政府は、さらに真剣に検討した方がいいのではないでしょうか。
皆さん想像がつくと思いますが、看護師は大半が女性なので結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、離職率が高めの仕事であると言えます。

その他にも、勤務時間が一定でないこと、キツい仕事だということも原因となり、離婚してしまう人も多いと言われています。

自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、随分と高給です。


責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。
どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか残業を厭わずに長時間こなすといった看護師の場合、そうでない人たちより高めになります。


今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。それに加え、3ヶ月程を使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。急いで決めた仕事だと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。
その事から、自分の希望する条件を明確にしておきましょう。看護師の人員が不足しているというクリニックも少ないことはないので、再就職はよい選択です。ただ、ある程度以上に仕事をしていた時期から経過しているとなんだか不安でしょう。


転職を斡旋してくれるサイトなどを効果的に活用して相談ができる制度を活用してください。




看護師という職業は勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして厳しい労働環境であることなどが影響して違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実をいうと、看護師の資格を持っているとその他の仕事でも有利な方向に働くことが多いでしょう。
例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。



首都圏の仕事情報が多いので名前が広まっているのが、看護師の転職ウェブサイトである看護roo!ではないでしょうか。

掲載している求人数がかなり多くあり、豊富な情報量が多くの人に喜ばれているようです。仕事情報が多いと、その分、転職に成功された方もたくさんいるということになります。看護師というのは寝返りを打つのが困難な患者さんの体位交換や、食事を一人でできない患者の介助、排泄の介助等の体力がいる仕事も多々あります。
しかも、その間であってもナースコールが鳴れば、速やかに応対しなければなりません。入院患者が少しでも良い入院生活を送ることができるように考えてあげることもまた看護師の仕事です。看護師にとって仕事が簡単な病棟としては、採血室が例として挙げられます。
透析や採血、献血といった特殊な業務だけを行う診療科といえます。献血センターなども当てはまります。

基本は同じ仕事の繰り返しで採血の技能も向上しますし、人名にかかわるような作業もあまりありません。
どの科でも採血を必要とする場面が多いので、どの科に配属されても役立つ技能です。
一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、詳しく見てみるとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですので、「いいお給料で看護師をしたい」というのならばどこで働くか考える時、日勤のみではなくてできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。
この夜勤があるかどうかによってかなり手取りが左右されます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる