福祉国家論の有識者からヒアリング―厚労省PT(医療介護CBニュース)

April 24 [Sat], 2010, 16:11
 医療・介護の国際競争力を強化する政策などについて検討する厚生労働省の「『未来への投資』プロジェクトチーム」は4月22日、福祉国家論に詳しい北大大学院法学研究科の宮本太郎教授からヒアリングを行った。

 宮本教授は、着実な経済成長を伴う次世代の社会保障基盤として、雇用につながる社会保障の仕組みが必要だと指摘。一つの分野にとどまりがちな現状の硬直化した就労スタイルではなく、複数の分野を行き来できる柔軟な就労を支援する公共サービスなどを充実させることが重要だとした。


【関連記事】
医療、介護で「未来への投資PT」設置―厚労省
次期報酬改定の本体部分「原則引き下げ」―財務省が方針提示
「事業仕分け」WGの結論、政権公約と合致せず−日医見解
【中医協】入院基本料の一律引き上げめぐり対立激化
小学校高学年など年内に前倒し―新型ワクチン接種

みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
山形新幹線線路に女性=レール間に倒れ無事−4両通過、すき間で助かる(時事通信)
<帯広市長選>元投資運用会社役員の米沢氏が初当選 北海道(毎日新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/e07xoto4/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。