純貢献差益

March 16 [Sat], 2013, 17:57
結合されたことにおいて未決の3つの民事訴訟が現在あります。
ニューヨークの南部地区のための州地方裁判所
JPMorganチェイス社/2011の年次報告291
ファンドに関係のあること。
これらのアクションのうちの1つは、ベアー・スターンズの被告がファンドの処置を誤ったと主張して、米国フィーダー資金中のパートナーシップ持ち分の購入者を代表してエンハンストLeverageファンドに持って来られた株主代表訴訟を含んでいます。
このアクションは、主張された投資者ロスに基づいた無指定の補償的損害賠償額をとりわけ求めます。
パーティーが、この微分動作(どのBSAMが最大およそ1800万ドルまでを払うだろうかに準ずる)を解決することで合意に達しました。
BSAMは、原告がその純貢献差益がこのフィーダー資金への総計の純貢献差益の規定された割合に会う投資者の参加を安全にすることができなければ、この和解を続けない権利を留保しました。
裁判所は予備的に和解を承認しました。それは最終の裁判所の承認の対象であるままです。
(ベアー・スターンズの被告がファンドの処置を誤ったとさらに主張する個別の微分動作は、米国フィーダー資金中のパートナーシップ持ち分の購入者を代表して高度のファンドに持って来られ、同類項(どのBSAMがおよそ1900万ドルを払ったかに準ずる)の裁判所承認の居留地に続いて捨てられました)。
ケイマン諸島フィーダー資金の共同の任意の清算人によってもたらされた第2の未決のアクションは、申し立てを米国フィーダー資金と関係する株主代表訴訟で主張されたものに似ているようにし、およそ7億ドルの純損失を主張し、補償および懲罰的損害賠償金を求めます。
パーティーは、現在発見に従事しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:料理は任せて
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/e036kify/index1_0.rdf