白菜キムチの作り方 

November 02 [Fri], 2007, 1:53
材料:白菜(2.5kg)2株,大根1本,あら塩(2カップ) 、せり(1束)、わけぎ(半束)

薬念:唐辛子粉(韓国の物)ー粗挽、細挽き(各1カップ),あみの塩辛(1カップ)
    魚醤(半カップ)、 おろしニンニク(大5),おろし生姜(大2)
    もち米のり(2カップ) 砂糖(大1),塩(大1)、黒、白ごま(お好みで) 
    ※ 魚醤ーナンプラーでもいいです。
       あみ(小エビ)の塩辛は手に入りにくいのでかつおの酒盗を入れたらおいしかった。


1、白菜を縦に四等分にする。芯に包丁を十字に入れ手でさく。
  手で裂いたほうが 塩水がつかりやすい。

2、水7カップ半に塩1カップの割合で塩水を作る。
  塩水の中に四等分した白菜を1個ずつ入れて、葉の隙間にもしみわたるように
  上からも塩水をかける。塩水から取り出しそれを大きい入れ物の中に入れて30分おく。
  塩水に入れたらすぐ取り出すこと!葉を一枚一枚めくれやすくするための行程です。

3、30分たったら、入れ物から出し今度は 残りの塩1カップを使って、
  葉の一枚一枚の芯の部分にだけ 塩を撒く。
  葉の柔らかい部分にはまかないようにしましょう。しょっぱくなります。
  それらを樽にいれます。
  この時2で使った塩水を 一緒に樽に入れる。
  6時間程漬ける。  2、3時間ごとに白菜を上下かえます。 

4、白菜を漬けている間に薬念を作ります。
  せり、わけぎは3〜4センチに切る。  
  大根は3〜4センチの千切りにし、切ったせり、わけぎ、大根をボールに入れる。
    ※せりがなければ、ニラでもいいです。わけぎのかわりにねぎでもいいです。
    ねぎの場合は太いのでわけぎくらいの細さに切る。

5、唐辛子粉 粗挽1カップ、細挽1カップを 4のボールに入れ、野菜になじむように手でよく混ぜる。
  ほんの少し水を入れて混ぜると唐辛子の色もよくなり野菜がシナッとなります。

6、もち米のりを作る。
  白玉粉半カップ、水1カップ半を こなべに入れてどろどろになるように煮て、冷ます。

7、6時間たったら白菜の幹を曲げてみる。折れないほど漬かったら
  水で葉の一枚一枚の間もよーく洗う。2、3回洗って葉っぱを味見してみる。
  まだしょっぱければ もうちょっと洗う。
  洗いすぎると塩気がなくなるので気をつける。

8、7で洗った白菜をざるの上にあげて水を切る。1時間以上置く。
  絞ると白菜のうまみも流れるのであんまり絞らない。

9、5の大根等がシナッとなり、6のもち米のりが冷めたら
  5に6のもち米のり、魚醤、あみの塩辛、おろしにんにく、おろし生姜、砂糖、ごまを入れる。
  しっかりと混ぜる。
  ↑薬念の完成です。
  漬けた白菜をちぎって、薬念をのせ 味見をして塩気が足りなかったら 塩をたす。

10、8の白菜の葉一枚一枚の間に9の薬念を丁寧に塗り挟んでいく。
   全部の葉にはさんだら一番外側の葉っぱでくるみ、漬物用袋を入れた樽に入れる。
   隙間ができないように詰めながら入れる。
   すべて入れ終わったら、袋をしばらないで ねじって閉じておく。
  
11、3〜4日漬けるとできあがりです。
   冷蔵庫に保管します。   
  
P R
ぺりこんって
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺりこん
  • アイコン画像 誕生日:1979年2月14日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:家事手伝い
読者になる
毎日のこと
テレビをみての批評なんかを
えらそうに つづる日記
日別アーカイブ
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ニューぺりこ