目標を考えていると、まとまりがなくなって

September 03 [Fri], 2010, 18:10
http://jiko2.s-teem.com/cat339/

↑おもしろいサイトをみつけた


自己啓発すき


テンションあがるから。


目標…なにもきめれない

目標を考えていると、まとまりがなくなって何をしたいのかを考えはじめて、

なぜか、目標を考えられなくなる

それは 頭の思考回路がぐちゃぐちゃだからなのかな?・・・


・思考回路

・論理的に考える
 
・国語力

うつかな

September 03 [Fri], 2010, 18:00
女のこの日だから?

うつ?

ひきずてばかり

そうゆう性格か。。。

おもったこと

April 20 [Tue], 2010, 13:07
親の期待にこたえなきゃとおもったけど

今のままで 十分期待にこれてるきがした

そりゃ結婚はしてないけど 幸せに暮らせている


そう だから 私はある程度の義務は果たしたと 思ってみたら

心が楽になれた

親は よくしてくれた

あとは 自分がどうしたいか 

行動していかなね! 

きっと

April 04 [Sun], 2010, 2:09
きっと 時間がありすぎて 無駄に使っている

有意義にすごすためには どうしたらいいか?

計画実行確認あくしょん

PDCA

時間をつめて やる!か・・・

人生の先輩

March 24 [Wed], 2010, 23:05
父親は 体裁をきにして結婚をした。30になっても結婚していないと信用がないからだと思っていたようだ。

そして 自分の奥さんのことが嫌いだ、というより 価値観やリズムがあわないから いやだと思っている
わかれたくても別れないのは なぜか?→それは 体裁をまもるため。奥さんが別れたいと言ってくれれば 
おれが おいだしたんじゃないという わけのわからない 理由なら別れれるようだ
父は自営業がさびれて 暇なので浮気をしているようだ




母は 田舎からでてきて 仕事をするのがいやだったので結婚をした。
嫌というよりあまりできなかったからだ。 
母の両親は援助してくれるような親ではなかったので、独身時代は大変だったようだ。
そこで 実家にかえらず生活をしていくために結婚が必要だったようだ。


生活のための結婚なので 別れることができないでいる。そして 父との自営業の仕事が バブルでもうかっていたので 
どんなに ひどいDV(精神的な)を受けても別れなかった。
いま自営業が暇になったのもあり 海外旅行を1年に3、4回いったら 父に女ができていた。

プライドがゆるさないのと 世間知らずになっている為に一人になることが困難と思い 別れることが怖くなっている。





この両親をみて いえることは 結婚は あまり得ではないということ
幸せでもないということ

社会の中で 金銭的に自立ができていないと 何かに縛られながら生きなければいけないということ

それだけは 決して避けるようにしたいと 思った。


最近パソコンに

March 19 [Fri], 2010, 22:15
最近パソコンに向かえる時間がなかった

帰ったら ご飯食べてねる

ただただ ぼーっとしてしまうことが 多かった


書こうと思ってる時って 忙しいときだったりする。。。

何かこうとおもってたんだっけ???

んー

March 16 [Tue], 2010, 17:47
自分を犠牲にして 労働を提供すること

それが 必要とされていて

断ると 必要とされない

自分のところには そんな人しかこない


仕事以外の人間関係でもそう

犠牲になってほしいから近寄ってくる人がいる


それが 仕事するうえでは ふつうのこかな…

みんな だれか 犠牲になってくれる人を探しているのかな

お金はもらえるけど やりたがらないことを 私にまわしてくる


いいかげんにして


ちょっと 被害妄想になってるのだけなのかな

ワーク・ライフ・バランス

March 08 [Mon], 2010, 23:42
ワーク・ライフ・バランス (Work–life balance) は、
仕事と生活の調和」と訳され、

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、
仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、
子育て期、中高年期といった人生の
各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。


仕事・労働は、賃金を得るための生活の糧であり、個々の暮らしを支える重要なものである。

また、そこにやりがいや生きがいを見出し、充実した生活を送るための糧でもある。

しかし近年は仕事のために他の私生活の多くを犠牲にしてしまう仕事中毒(ワーカホリック)状態となり、

うつ病に代表される精神疾患を患ったり、過労死や自殺、家庭崩壊などの悲劇を生む事例が後を絶たなくなった。


このような悲劇の急増は、国民(労働者)にとって日々の私生活や将来への大いなる不安を抱かせることになり、返って社会の活力を低下させてしまうことになる。さらには多忙で安定した生活ができないことにより出生率低下・少子化に繋がり、人口を減らす原因となってしまう。

こうしたことから、仕事と生活のアンバランスが原因で引き起こされる多くの悲劇を抑えようと、「仕事と生活の調和」、ワーク・ライフ・バランスが叫ばれるようになった。




この言葉もっと早くに知っておきたかったよ。。。
自分の無知を痛感します。
きっと 周りもみれてなかったのかもしれないな

今 もっともっといろんなこと 知識を仕入れよう

メディア・リテラシー

March 08 [Mon], 2010, 1:02
メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、

情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。


「情報を評価・識別する能力」とも言える。ただし「情報を処理する能力」や「情報を発信する能力」をメディア・リテラシーと呼んでいる場合もある。

ユニクロは、SPA方式

March 07 [Sun], 2010, 2:03
SPA方式

カジュアル衣料専門店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング、「無印良品」の良品計画、 はたまた家具インテリア専門店のニトリという いわゆる

自らが製造して自らの店舗で売るSPA(製造小売業)

の業績が好調だ。

「ユニクロのライバル・しまむらは安くて品質も悪くないが、チープなイメージが浸透してしまった。
P R
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e-ui
読者になる
食べるの大好きです。おいしくて うれしかった記憶を記録していこうと思います。 あと とあるブログに触発されて「意見をアウトプットすることで思考を客観視し、論理や知識、文章スタイルを向上・軌道修正する。」みたいなことを勝手にしてみますw 
Yapme!一覧
読者になる