インターネットビジネスとは1 

March 26 [Fri], 2010, 23:43
インターネットビジネスとは、インターネット上だけで仕事ができるビジネスモデルの総称です。
ネットビジネスと省略することもあります。
昨今の情報化時代、インターネットを使ったビジネスモデルは次から次へと新しいものがでてきています。

これらを大別すると、ひとつはインターネットサイト上のコンテンツ提供などを中心としたもの、もうひとつは広告主導型ビジネス、もうひとつは電子商取引になります。

「コンテンツ提供型のビジネス」とは、インターネット上で音楽や映画、アニメ、ゲームなどのコンテンツを提供して、多くの人に見てもらいアクセスを集めるビジネスモデルのことです。

今のようにインターネットの接続料金が定額制ではなかった時に、インターネットのプロバイダ会社は接続料金を稼ぐために多くのコンテンツ作成を行いました。

しかしながら近年ではインターネットの接続料金は定額制になり、一日何時間利用しても使用料金は定額なためこのコンテンツ提供型のビジネスは大幅に減りました。

次に「広告主導型ビジネスモデル」の典型としてポータルモデルがあります。これはポータルサイトを狙った広告収入を得るものです。

近年ではインターネットがかなりのスピードで普及したため、一瞬のうちに多くのアクセスを集めることができるようになりました。
インターネットを利用する際、ほとんどのユーザーは最初にポータルサイトへアクセスを行います。よってこのポータルサイトに広告を貼れば巨額の広告収入がゲットできるというわけです。

このポータルモデルの代表的な例としてYahoo!やGoogleなどの検索エンジンがあります。以前はコンテンツ提供を目指していたプロバイダ会社も今はポータルサイトの一角に入るため競争を行っています。

インターネットビジネスとは2 

March 26 [Fri], 2010, 23:48
3つめに「電子商取引」についてです。その名の通りインターネット上で行う取引のことです。

今は外出しなくてもインターネット上でショッピングが楽しめて、相手の顔を見なくてもメールで連絡が取り合えて支払いも出来てしまいます。

新聞のチラシや電車広告、テレビCMなど莫大な費用をかけて宣伝をしなくても、今はこのインターネットを利用して宣伝ができます。

メールマガジンなどをユーザーに直接メールして、企業のウェブサイトに誘導してショッピングさせることもできます。そうすれば少ない予算で宣伝して利用客を増やし、地域も絞られずに全国的に商売を行うことができます。

このようなことから中小企業がインターネットショッピングのビジネスに参入する例が増えています。また個人でもインターネットで企業することが容易に行えるようになったので、個人起業者が増えています。

しかしこのビジネスは新規参入者が多くライバルも多いので、先行投資をしてもなかなか利益を回収できない企業も増えています。何よりも電子商取引で重要なことは、アクセス数と成約率なのです。

利益を多くあげるためにはこのアクセス数と成約率の両方がうまくいかなければなりません。そのためにはしっかりとしたマーケティング調査とそれを活かした戦略を実践することが大切です。

セキュリティの問題もありますから、あまり簡単に起業すると失敗する可能性があります。インターネット社会でビジネスをするからには、インターネットのことをよく知りわからないことは勉強するところから始めましょう。

インターネットビジネスの種類 

March 26 [Fri], 2010, 23:58
様々な種類があるインターネットビジネスの中で、その他にも最近人気があるものを具体的に挙げてみます。
先程述べましたネットワークビジネスの他にも、アフィリエイトやインターネットオークション、お小遣いサイトなどがあります。
趣味や副業、余った時間を活用してやっている人も大勢いますが、本業としてやっている人も大勢います。

他にもインターネットのプロバイダもネットビジネスに入ります。
こちらはインターネットの接続料金を徴収するインターネットビジネスの根本です。

ダウンロード系のインターネットビジネスもあります。
サイト上にソフトウェアのデジタルデータを掲載して、それをユーザーにダウンロードしてもらうことにより使用料金を徴収するというものです。
主にコンピュータソフトやゲームソフトなどが多いです。

ポータルサイトやホームページ上に掲示板システムやWebメールなどを無料開放して多くのアクセスを集めることによりサイトの価値を高めます。
そこにバナー広告などを掲載して掲載料を広告主から稼いだりするビジネスもあります。

ビデオや写真、音楽、テレビ番組などのコンテンツをデジタルデータで提供してデータ使用料や視聴するための権利料などを徴収するインターネットビジネスもあります。

先程述べましたインターネットオークションなどにしても、オークションサイトを運営する受注仲介会社などもインターネットビジネスになります。
これらの会社ではオークションに参加する際に登録料や売買が成立した際の成功手数料などを得ています。

種類2 

March 27 [Sat], 2010, 0:01
また近年流行のインターネット上の出会い系サイト、こちらはメールでやりとりしたりチャットでやりとりしたり、掲示板を利用したりします。
その際に発生する利用料や参加料を得るビジネス。

eバンクなどのインターネット銀行。
すべてインターネット上で取引できてしまうオンライン銀行です。
口座内容などセキュリティの問題がありますが、デジタルデータ自体は数字の羅列などで単純でデータ化が容易にできます。
何よりもインターネット上で取引した口座内容がすぐに画面上で反映されるのがありがたいです。
わざわざ銀行の窓口やATMへ出向く必要もありません。

電子マネー決済を管理する会社やデジタル署名の認証業務を行う会社なども重要なインターネットビジネスです。
ネット社会の今後さらに重要性が増してくると思います。
こちらも利用手数料などを得て収入にしています。

セキュリティサービスの監視を遠隔操作でネット上にて行ってくれるセキュリティ会社もあります。

インターネットで買い物できるのが当たり前になり、今ではほとんどのものがネット上で購入できます。
洋服屋さんなどの小売店も店頭にくるお客さんを待つよりも、ネット上で商売すればお客さんの方から見に来てくれるので売上も上がって効率がいいです。
今では食料品もネット上で購入できます。
最近では大手スーパーなどがネットスーパーを展開し、インターネット上で食材を注文するとその日のうちに届けてくれます。
これも立派なインターネットビジネスです。

これらのインターネットのサイト、ホームページなど自体を作る会社もあります。
個人や会社から委託されてホームページやシステムなどを制作する会社や管理して管理費を得る会社など実に様々な種類のビジネスもあります。
他にもまだまだあります。
今後もインターネットビジネスの世界は拡大を続けその種類も増え続けると思います。