内なる獣性 to be an animal 

2007年08月08日(水) 2時10分
「茶の本」で特にノックアウトされたくだりはこれだ。

it has been said that man at ten is an animal, at twenty a lunatic,
at thirty a failure, at forty a fraud, and at fifty a criminal.

人間は十で動物、二十で狂人、三十で失意の人、
四十でいかさま師、五十で罪人になると言われてきた。
(訳/桶谷秀昭 講談社学術文庫)

老子は四十にして惑わずと言ったのに、
天心の言うこんな人間のいわれは聞いたこともない。
なんてリアルな人間観。
ハタチで狂人でいいんです。
さんじゅうで失意の人。
これを読んで以来、私は安堵し開き直った。
そして、今でも私は動物で〜す、と言うことにしている。

無心に咲く花に対して、人間がいかに
欲望しか持ち得ていないかを語っているくだりなのだ。

ああ、オチがありません。

ふたりのあいだの距離  guess the distance 

2007年08月08日(水) 1時43分
川崎市夢見ヶ崎動物園のドン君にお嫁さんが来たときいて
先月さっそく見に行きました。
千葉市動物園から来たかぐやちゃん(メス2歳)です。

「ドンの目つきが変わった。きりっとなって男前に」というのは
夢見ヶ崎動物園の獣医師、柾さん。

年頃のムスメを前にしたドン君。
すっかりワイルドに猛々しくなっているのかと思いきや。。。
今までの独身生活に起きたうれしい変化に
ちょっぴり戸惑っているように見えました。



左がお嫁さんのかぐや。
右がドン。

まだカップルにはなっていない感じ。
でも、かぐやちゃん、見ています。
そして見られてる、という感じのドン。



えさをもらうとき以外は
一定の距離を保つふたりでした。
ドンがかぐやちゃんを見ているときもあります。



見てるわね、と見返すかのようなかぐや。

ふたりのあいだの距離は
縮まってゆくのでしょうか。



かぐや、しっかりドンちゃんを見てる。。。
ドンちゃん、猛獣系の私より、ずっと繊細だわ。




次に来るときは、もっとラブラブになっているのかしら。

ラブラブのろば、見てみたい〜

Hee Haw ひーほー 

2007年07月15日(日) 23時08分
Hee- Haw は、ろばの鳴き声を英語でいったもの。ヒーホー。



Hee
ひー



Haw
ほー

英語では、転じて「ばか笑い」を意味するようで、確かに
heehawがタイトルの一部になっているギャクネタのつまったサイトを見かけます。

ひとなつこかったマルコスのひーほーは、
ほんとうに笑ってるように見えます。
好意をあらわしてくれたようで、うれしかった!

アフリカノロバ African ass 

2007年06月21日(木) 21時27分
働き者のろばちゃん。
その体以上の体積のわらを積んで歩いてたり、
おじいさんを載せて歩いてたり。

ろばにもルーツがいろいろあって
ざっくり、アフリカノロバとアジアノロバに分けられます。
ダーウィンは、現在の家畜化されたろばの先祖はアフリカノロバだと考えたようです。
アフリカノロバのうち、背中に十字の縞があるのは
ヌビアノロバと呼ばれます。



市原ぞうの国の名無しちゃん(オス、推定10歳以上)は
アフリカノロバであることは間違いないようです。
愛しのマルコスも、そう。

肩の縞模様。



なぜ背中に十字模様なのか
きっと自然や理にかなったわけがあるはず!

足に縞が見られるというソマリノロバもいて
アフリカノロバの亜種です。見たことあるかしら?
キタアフリカノロバという亜種もいましたが
ローマ時代に絶滅したそうです。

家畜化されたのは、
メソポタミアで紀元前4000年ごろ
北アフリカあたりでは6000年以上前からだとか
諸説あります。

わたしのろば愛は、ノスタルジーをはらんでいます。

ろばとらばの違い the difference of donkeys and mules 

2007年06月21日(木) 21時01分
ろば と らば
驢馬 と 騾馬



違いはこんな感じ。
左がマルコスのともだちのもう1頭のろば(名無しさん)。
右が、らばで、アキバちゃんというメス12歳。
ろばより、らばの方が大きいのは一目瞭然。
らばは、オスろばとメス馬の交配でできる1代限りの雑種です。
でもそこそこ長い耳や、口の周りが白いところなんて
やっぱりろばに似ています。

一方、オス馬とメスろばの間に生まれるのはケッテイというそうですが
体が弱いため、めったにつくられないそうです。




仲良くしているように見えるろばとらばですが
野菜争奪戦をしています。らばの方が、強い!
しかし、ろばも社会的(本来、群れをなして生活する)な動物ですから
この柵のなかには、いろんな関係性があると思います。

マルコス Marcos 市原ぞうの国 

2007年06月20日(水) 19時41分
市原ぞうの国は、ろばはもちろん小型のカンガルーやマーラというげっ歯類にもさわれるところです。

ああ、マルコス!
推定年齢15歳のオス。



ひとむかし前にはやったような撮り方にしたら思いのほか、彼の雰囲気が伝わります。
訪れるお客さんのえさをもらうことは、なかなかサバイバルです。
(こちらの柵のなかにはメスのラバが2頭、ポニーもいるので争奪戦)
日曜の喧噪を離れ、ひとり干し草を食んだあと、歩き出した姿。
マルコス全身像です。




ooh Marcos, i call your name !
he is estimated 15years old .
living in Ichihara Zou no kuni (elephant land in Ichihara ).
on Sundays, there seems like survaival
to have veges from the hands of many visitors
cause inside of fence,
there are 2 donkeys and 2 mules and more ponnies

Marcos seemed almost be ready to give up to have vege,
then enjoyed himself alone sometimes, quietly
to have some hay on the ground .


聖書のなかのろば 

2007年06月16日(土) 23時14分
聖書のなかのろばの記述は153カ所

153カ所とは、ほかの動物より圧倒的に多いのだそうです。
鳩や牛や馬よりも。

それを裏付けるために聖書を買ったけど、当然、まだ全部読んでないわ。
クリスマスの飾り物の「イエス誕生シーン」。
マリア様と赤ちゃんをなくしてしまったので
ロバに祝福のディスプレイ。



マタイによる福音書をチラ見すると、エルサレムに入るのに
イエスは、乗り物としてろばを選んでます。

平凡社の動物大百科には「聖書の時代、ロバは平和な旅に
おける親切のしるしと考えられた」とありました。

日本には、家畜としてのろばの歴史はないに等しいけど
今は動物園めぐりで、ろばの来し方をトレースしてみます。

参考資料:動物大百科第10巻(平凡社)

it is said 153 parts to mention about donkeys in the bible,
i show my one of cllections of donkeys objects,
even it lucks St. Maria and baby...
so i made a scean for donkey benediction ( i dont know it is correct saying )

even we japanese doesnt have rich and long history
of according with donkeys as stock breeding ,
now i retrace the way how the donkeys had came to japan
by visiting some zoo and have some interview with them

ドンちゃん  

2007年06月15日(金) 0時45分
ドンちゃん
川崎市の夢見ヶ崎動物園に在住。11歳の青年。
足の治療が済み、そろそろお嫁さんをもらうとか。

立ったところ

 

すわっているところ。土が柔らかくて安らぐのかしら?



人間でもそうですが、美しい横顔というものに惹かれます。



長い耳。ウサギウマという呼び名が日本書紀に記されているそうです。



川崎市の夢見ヶ崎動物園のHPの
リンク集「みさとワールド 夢見ヶ崎動物公園」にくわしくドンちゃんのことが書いてありました。

ろばは不思議です。悲しげな顔に見えるけど、そう見えてるだけなのかも。
まだドンちゃんとは初対面だったから、その心はよくわかりません。
が、1時間半ほど柵の前にいたんですが、最後に(痛かったかもしれないのに)立って
近くまで来てくれたのが、とてもうれしかったです。

Don (male)
age: over 11 years old
where came from: the seller specialized for zoo
address: yumemigasaki zoo(public):
(only japanese but lovely illustrations are there, kawasaki is the city next to Tokyo)

the keeper in the zoo said Don has problem on his fore leg, but for some treatment , he is getting better.
actually when i met him, most of the time he was sitting on the ground.
whilst i tried to communicate him for around 1 to 2hours, one time he stood up to eat grasses
second time, finally he came closer to me .... and this time around i havent know he had problem with his legs (so sorry for him)
he is still single but according to the keeper , he will have bride soon, how happy guy !
so younger bride than him from another zoo when she is ready......


天心名言集 Love Tenshin 

2007年06月14日(木) 19時44分
こちらは、岡倉天心のためのページ。
子どもが持てるなら、私がママさんのバーが開けるなら、その名前は天心がいいわ。
激しい天心の文体(訳者によるんでしょうけど)にノックダウンの私がセレクトする
天心の人生の片鱗。。。。

here is the pages for Tenshin Okakura who is ..... the great authority of japanese traditional art and more,
i learned about him from [the book of Tea],
sure, he knock me out with his sentences,

Ten means just sky high
and Shin menas simply Heart
please image somehow great things

i will put some quatations here with his very unique phrases !

弊社の業務について 

2007年06月14日(木) 19時38分
オフィスクロマティックという屋号でライター&エディターをしています。

I am a proffessional writer and editor, of a small single owned office Chromatic.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e-chromatic
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像lunasubito
» 天心名言集 Love Tenshin (2007年06月16日)
アイコン画像sawadii
» 庭と人生 (2007年06月16日)
Yapme!一覧
読者になる