コンビニ飽和で瀕死寸前?〜元SV(OFC)が教える本部が言わないほんとうの利益の出し方の検証と<中国>人民元変動幅2年ぶり拡大2% 17日から実施

March 15 [Sat], 2014, 22:58
どーもこんにちは^^


コンビニ飽和で瀕死寸前?〜元SV(OFC)が教える本部が言わないほんとうの利益の出し方のレビューを特集しております。
↓↓

コンビニ飽和で瀕死寸前?〜元SV(OFC)が教える本部が言わないほんとうの利益の出し方特典付きサイトはこちら


コンビニ飽和で瀕死寸前?〜元SV(OFC)が教える本部が言わないほんとうの利益の出し方の評判はかなり本当でした。
大坪 健一さんがリリースしている教材コンビニ飽和で瀕死寸前?〜元SV(OFC)が教える本部が言わないほんとうの利益の出し方を
今なら大変お得な特典付きで(人数限定)お届けしていますので確認して下さい。


※期間限定のため、いつ終わるかわかりません。
下記リンク先を必ずチェックお願いします^^


ちなみに購入する前にはまだ不透明ですけど、実際はどうなのでしょうか
詳細につきましてはここのページのリンク先にてじっくりご確認下さい。
↓↓

コンビニ飽和で瀕死寸前?〜元SV(OFC)が教える本部が言わないほんとうの利益の出し方特典付きサイトはこちら


ちなみにここから先にはいつものメモ書き程度です、見なくてもどうってことありません(笑)


きょうの朝食はあきたこまちと、焼き鮭とおふとニラのお味噌汁

朝食の三冠王ですよね。



今日は7分で食べ終わり、9時46分に自分の家
をしゅっぱつです。



初めてのミニストップに普段通り入店して、ココアを並んで購入(-_-;)



朝はこれに限ります。。



出勤したら、毎日の日課のポータルニュースをチェック。

トップニュースは・・・

↓↓

 【北京・井出晋平】中国人民銀行(中央銀行)は15日、人民元の対米ドル相場について、1日当たりの許容変動幅を基準値の上下1%から2%に拡大すると発表した。17日から実施する。人民元の変動幅拡大は2012年4月以来、約2年ぶり。人民元の自由化に向けた改革の一環で、相場の柔軟性を高めることで市場重視の姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

 人民銀は14日に発表した声明で「(人民元の)取引参加者の価格決定力とリスク管理能力は高まっており、市場発展の要求に応える」と説明。「人民元の双方向の弾力性を高めて合理的水準を保つ」と強調した。

 中国は為替相場の過度の変動が国内経済に悪影響を与えないようにするため、人民元の値動きをコントロールしている。05年7月の為替制度改革に伴い一定の範囲内で為替を変動させる「管理変動相場制」を導入。対ドルの許容変動幅は当初、人民銀が毎朝提示する基準値の上下0.3%だったが、07年に0.5%に拡大。12年4月には1%に広げていた。

 人民元については、巨額の対中国貿易赤字を抱える米国などが一層の相場の柔軟化を要求している。中国政府がこのタイミングで変動幅拡大に踏み切ったのは、米国の量的緩和政策の縮小などで人民元相場の上昇圧力が低下していることも影響しているとみられる。元高圧力が強い中で、変動幅を広げれば、元急騰を抑えるため、人民銀が大量の元売りドル買い介入をせざるを得なくなり、市場への過度のマネー供給が経済・物価を不安定にさせるリスクも高まるためだ。
(この記事は毎日新聞から引用させて頂きました)



なるほどね〜

どうでもいいや



そんな事より、本日のネタは

だんどりが上手くいけばメルマガアフィリエイトに11時間と、ヤフオクの仕入れ作業に3時間。



かなりハードだけど大丈夫だと思います。



さてさて今日の晩御飯は何しよ?

日本そばかチャーハンがくいてーなー^^;



おそらく次回の記事アップは明後日になるかも・・・

お楽しみに!



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なおgt44
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる