あそこの匂いは、男目線で見るとどれくらいクサいと無理なのか? 

June 12 [Sun], 2016, 13:31
自分は、クサいと思っていても男性にとっては
気にならない匂いということもあります。

デリケートゾーンの匂いは、お相手の男性の経験値や
体臭の好みによっても全然違います。

ある意味では、匂いも含めて『カラダの相性』
とも言えますよね。

ですが、
クサいのが無理で「もう、つきあえない」なんてことも
実際にあるわけです。

では、いったいどのくらいクサいと無理なのか?
という程度の問題が気になりますよね。

クサいレベルには、男目線で考えるなら
大きく分けて以下の3段階ある思います。
1. 無臭・微臭
 もちろん無臭・微臭は問題ありません。
 
2. 生ゴミ
 かなり好きになっているいるなら大丈夫でしょう。
 
3. ザリガニ
 どんなに好きでも生理的に無理です。


このように分類するといつもは、生ゴミレベルでも
お風呂に入ると無臭になるのがボーダーライン
のようです。

もし、自分のデリケートゾーンの匂いが
生ゴミレベルだと自覚しているなら
普段の生活から匂い対策をしたほうがいいような感じです。

匂いに敏感な男性なら、隣りに座っているだけでも
気づかれたりしますからね。

最近は、制汗クリームみたいに使える
デリケートゾーン専用のものがあります。

気になった方は、下のバナーから詳細をチェックしてみて下さい。
アクアデオ
ムレた足の消臭効果もあるみたいですよ。

大好きな彼が、舐め回したくなるようなデリケートゾーンとは 

June 12 [Sun], 2016, 13:30
自分は舐めてあげているのに彼がお返しに舐めてくれることが
あまりないなんてことは、ありませんか?

原因は、自分のあそこに問題があるのかも…と
悩んでいる方もたくさんいます。

彼に舐めて欲しいとおねだりできない状況は、
ちょっと寂しいですよね。

そこで今回は、一応の目安としてコレならセーフと
思われるデリケートゾーンについて考えてみたいと思います。

一番重要なのは、清潔に保つことです。

お風呂上りが清潔なのは当たり前ですが、
下着もムレにくいものを選びましょう。

次に陰毛のお手入れもきちんとすることです。

男性の中には、「舐めやすいからパイパンが好み」なんて方も
いるくらいです。

直接、彼に聞けるなら聞いてみましょう。

「どっでもイイ」という答えなら、
薄くカタチを整えるだけで十分です。

あとは、できるだけ黒ずみを解消したほうが
いいような感じです。

あまり気にする必要はありませんが
「乳首とあそこは、ピンクが好み」というのが
少し子供っぽい男の本音とかもしれません。

自分で匂うと自覚しているデリケートゾーンの正しい洗い方 

June 12 [Sun], 2016, 13:27
洗い過ぎは、よくありません。

特に石鹸を使って膣内まで洗ってしまうと
自動的に清潔に保ってくれるはずの善玉菌までいなくなってしまい
病気の原因になることさえあります。

どうしても中の匂いが気になるなら
生理の終わりころに使うセペなどで
流す程度に控えておきましょう。

※セペは、ドラックストアなどで簡単に手に入ります。


デリケートゾーンの正しい洗い方ですが
シャワーで洗い流すだけでは汚れは落ちません。

まず、石鹸は専用のものを使うか少なくても弱酸性のものを
選びましょう。

これらをしっかりと泡立ててから
陰毛 ⇒ クリ ⇒陰唇
と上から順番に洗っていきます。

クリの皮の中や陰唇のスキマなど
目には見えない汚れも意識しながら洗いましょう。

ボディーブラシやスポンジは使わず
素手で優しく丁寧に洗うのがニオイを防ぐポイントです。