クリニックでの不妊治療を経てようや

December 31 [Sat], 2016, 12:32
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。



疑い初めたのは結婚3周年を迎える前でした。基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、親しい御友達たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。

病院で検査をうけているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の処方をうけると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

ストレスも原因だったのかなと思います。


早いうちに受診するべきでしたね。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」のもつ働きに注目が集まっています。


水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取を続けることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。



1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみてちょうだいね。

妊娠しづらい状況を改善するためには、普段の食生活の見直しも有効だと考えられます。

両親の体の中で精子と卵子ができる理由ですし、乱れた食習慣を続けていては妊娠しやすいゲンキな卵子、精子は、期待できませんよね。育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。健康的な食生活を続けていくことが大事です。妊娠を望む方や妊活中の女性にとって特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。


妊活とは、夫婦生活をふくめて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。
妊活中の女性はいつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的なご飯を心がけましょう。



中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から赤ちゃんを授かっているのです。


妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早いうちに十分な葉酸を摂取する事によって、赤ちゃんをゲンキに育てられるように備えておきましょう。赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、忙しさから葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくることもありますよね。このような場合、つかってみると良いのがサプリメントなんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段のご飯では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配の必要が無くなります。


ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定をうけているものもあり、妊婦に特に利用されているといった事も多い沿うなんです。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。


受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われているのです。そのため、適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。もちろん、葉酸を摂取する事によってたら確実に発症を回避できるのかと言うと沿うではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、ご飯で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。



中々妊娠できないという人は、基礎体温計測から開始してみましょう。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。基礎体温表は5分もあればつけられますが、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったおやくそくがありますので、習慣的に続けていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。妊娠してから産婦人科等で行われる栄養指導をうける方や、母親学級で説明をうけた方も多いと思います。


こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明をうけたのではないでしょうか。
葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。こうした食品を食べることで葉酸を摂取する事によってようとした場合、熱に弱く大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、摂取するようにしましょう。妊活中にはご飯の内容にも気を配りますが、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離せない関係の二つです。
その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。



この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中を始めた早めの段階で、ご飯やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けることをおすすめします。葉酸は、胎児の正常な発達に働聞かけるため、妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素なんですよね。とはいえ、つわりや体調によっては、食べ物から摂るのも辛い時もありますよね。無理なご飯は体調を悪化させてしまいますから、ご飯は控えめにして、葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば適切な量の葉酸を摂取できますし、栄養的にも問題ありません。野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などのいわゆる青菜のものが多いです。


赤ちゃんを授かったアト、早いうちにこうした食材を食べるようにしましょう。

葉酸は胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという話があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、葉酸以外の栄養素が複数入ったサプリがおすすめです。具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。



こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働聞かけるだけでなく、妊娠しやすい体をつくる基本の栄養素でもありますので、妊娠を計画している女性は早めの摂取を心がけてちょうだい。



妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食べ物から摂取する場合、調理にはちょっとしたコツがあります。それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、熱をとおす必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。
もし面倒だな、と感じる方はサプリを利用するのが簡単ですから、おススメです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayaka
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる