福祉を志したきっかけは…

February 14 [Fri], 2014, 15:20
福祉の仕事には資格があることが多く、新しく福祉の世界に入りたい人には取り掛かりとなります。
看護技術は、専門知識から患者さんが安全に楽に自立できるように促す方法であり、道具です。
看護とは、すべての患者に対して生命力の消耗を最小限度にするよう働きかけることを意味する、とはフローレンス・ナイチンゲールの言葉です。
日常的な介助技術のほかコミュニケーション能力や福祉全体の知識も必要とされ、高齢の方や障害を持つ方に対して生活の質を上げるための支援が求められるところです。
自身の老後を考えた際に、親身になって相談や支援に応じてくれる人がいるのかという不安が、まずは自分がそういった存在になろうと思ったきっかけです。
私は現在看護師として病院に勤務していますが、将来的には老人ホームなどで、介護の仕事に就きたいと考えています。
健康で幸せな毎日を送ってもらえるよう、努力します。
身体上の問題、または精神的に辛い状況にある中で生活することのできる環境が整わず、生活困窮という辛い境遇にある方もいるのです。
自立に近い方から介護が必要な方まで様々な方が暮らしています。
人と接しながら、誰かの為になりたい気持ちを形にできる仕事を行いたいと考えています。
福祉の仕事の中でも、高齢者と身近に付き合いたいと考えてサービス付き高齢者住宅を考えました。
低所得者に対する支援や生活保護には、生活扶助・教育扶助・住宅扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助といった、いくつかのカテゴリーが設けられています。
現代人は何かしら悩みを抱えている人が多いです。
福祉の仕事入門編
福祉の仕事ブログ
福祉の仕事ご案内
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dyeyjukt
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dyeyjukt/index1_0.rdf