エキゾチックショートヘアの尾田

February 09 [Tue], 2016, 15:08
かなり以前は、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると広く考えらえていた節があります。しかしながら、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られることを、知らない人はあまりいないはずです。何しろ看護師の給料といえば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は高給取りである、というのは間違いありません。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、この二つを漢字で書き表すとこの二つになります。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法律が変更された2001年を境に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の呼び名にひとくくりにされることになったのです。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。原因は様々ですが、その一つとして看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事が増加する一方になり、労働時間が長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。なお、看護師という職についていると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点でははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。慢性的に人手が不足している医療分野ではいつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と看護の現場の慢性的な人手不足の問題が少なからず関係しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合によりたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。ちょっと前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、ここ最近になって男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。看護の際、患者を移動させたり入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。ですが、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意する必要も出てくるでしょう。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと非常勤でなく、正職員として働いているような看護師については言えることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。なんといっても、看護師という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。だから、というわけではないかもしれませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最も理想的であろうと感じます。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、およそ750万円程度だとみられます。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師に注射してもらいたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。病気になって気落ちしていると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、多くの覚える事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも珍しくないのです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。看護師の仕事といっても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧いてきます。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って技術を吸収したいと希望する、チャレンジ精神からきた動機です。看護師の職は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、看護婦を雇う側が適切に配慮することが大事だというのは当然の事実です。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。では、退職金についてはどうなっているかといえば、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それを支払ってもらえるでしょう。個人病院はどうなっているかというと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に伝えることになっています。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話す努力が必要です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも当たり前のように期待されます。休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第でやりようによっては、土日に休むことも可能です。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日が休日になるでしょう。何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土日は休めるようになっているでしょう。新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人広告や求人サイトには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、実際には病院側が採用年齢を決めている場合があります。中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ふつうに授業を受けていたなら、特に恐れるようなものではないようです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。勤務や休みをある程度自由にすることができ、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々が常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることもままあります。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのトラブルなどもあるのです。ただ、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと実感することも多々あるのです。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もういい大人なのだから、何か起こった時は自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。医療施設で看護師として働いていた知人は、大病を患ってしまって一度看護師を辞めています。ですが、病気が完治すると現場に復帰して、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。ブランクがあっても、資格があれば復帰も早いと思います。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。階級のトップからいえば、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総看護師長といわれる階級です。実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、一目置かれ、認められるような存在になることが大切なようです。もちろん、階級が上がればその分、高収入になる事は間違いないでしょう。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。しかしながら、近年では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の病院にすることです。実際、看護師の職業は長期にわたって務められる職業として高い人気がありますが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのはなによりも嬉しいメリットですよね。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復した患者さんが退院していき、その上、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。そしてまた、患者さんのご家族に感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、看護師になって良かった、と実感します。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、看護師を辞めることを考えてしまうはずです。医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして過酷な労働環境だということも相まって、他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は看護師の資格というものは、それ以外の職場にとっても有利な方向に働くことが多いでしょう。例を挙げると、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。私の勤め先は病院の事務です。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、皆さんいつも忙しそうです。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。ですが、予想よりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、子供を連れてきている看護師さんが結構目立つんです。先生達も、歓迎している様子でしたし、和やかで楽しい会となりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミウ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dyb5j0arrawoon/index1_0.rdf