海外旅行ツアー 

January 27 [Wed], 2010, 17:19
海外旅行を選ぶ際、まず大きく分かれるのが、ツアーでいく場合と個人でいく場合ですが、ここではツアーのメリットやデメリットについて考えてみたいと思います。





【パッケージツアーとは】



海外旅行ツアーは一般にパッケージツアーとかパッケージ商品と呼ばれます。海外旅行ツアーは航空チケットやホテル、バスなどの送迎、現地観光などすべてがパッケージ化されているのが特徴です。パッケージ商品をつくる旅行会社は、航空会社やホテル等と年間契約を結び、大量に仕入れることで商品の価格を安く抑えることができますので、個人で予約・手配するよりも格安で、しかも効率よく旅行ができるのが魅力です。



このようなパッケージツアーを、正しくは募集型企画旅行といいます。旅行会社がツアーを企画立案を行い、旅程の組み立てや料金の決定などを行います。そして決定した企画をパンフレットやインターネットなどを通じて宣伝し、参加者を一般募集します。



また旅行会社は、パッケージ商品を企画立案するホールセーラーと、そのツアー商品を販売するリテーラーの二つに大別されます。大手旅行会社のなかには、一社でホールセールとリテールの両方をまかなう会社もありますし、リテーラーに商品を卸す会社もあります。また、リテールだけを専門にする旅行会社もあります。しかし、同じ商品であれば、どこの旅行会社を通しても同料金で売られているのが基本です。





【添乗員付きのパッケージツアーと添乗員なしツアー】



パッケージツアーには、添乗員付きのものと、添乗員がつかないものとがあります。添乗員はツアーに同行して、お客様が安全で快適に旅程をこなせるよう便宜をはかってくれます。添乗員付きのパッケージツアーには、全行程フルコースでお世話をするタイプのものと、一部だけを同行するタイプのものとがあります。添乗員なしのパッケージツアーであっても、現地にガイドといわれる案内人がつくのが一般的で、初めての海外旅行であっても不便を感じないよう工夫がなされています。



添乗員付きのものは料金が比較的高いイメージがありますが、実際には人数に応じて添乗員の費用がフリー(無料)になるしくみなので、一概に添乗員付きのツアーが高いというわけではないようです。むしろ、ヨーロッパやアメリカ大陸、中南米などの移動型でロングの旅などは、添乗員が付いていると安心です。逆に、ハワイなどに代表されるリゾート地では、ほとんどがフリータイム(自由時間)なので、添乗員なしのコースが多い傾向にあるようです。





【パッケージツアーを選ぶときの注意点】





@ 最少催行人員



パッケージツアーを選ぶときには、最少催行人員をかならずチェックするようにしましょう。もし、最少催行人員を下回った場合、ツアーを中止になる可能性があります。





A キャンセル料



一般に、出発日の41日前までにキャンセルをすれば、取消料はかかりませんが、出発の40日前ごろをさかいに、ウェイティング(予約待ち)のひとが参加できるようになるなどの動きが出始め、取消料は40〜31日前は旅行代金の10%。以降、30日目(20%)、前々日(50%)という具合に、段階的にキャンセル料のパーセンテージが上がるしくみになっています。当日キャンセルであっても旅行開始前であれば50%ですみますが、出発後の連絡ないしは無連絡で参加しなかった場合は100%の取消料がかかりますので注意しましょう。





【フリータイム型のパッケージツアー】



フリータイム型のパッケージツアーは、往復の航空券と宿泊ホテル、そして空港とホテル間の往復送迎だけを手配してくれて、あとはフリーだったり、オプションだったりします。もし個人でこれらを手配した場合、多くの手間がかかるうえ、割高になるケースのほうが多くなります。現地での時間をフリーで楽しみたい人は、このフリータイム型のパッケージツアーが便利です。





【パッケージツアーのメリット】





@ 短時間で効率的に旅行が出来る



添乗員さんに付いて行くので観光地やお店を探す必要がありません。もし、これが個人旅行なら何もわからない国の中を、自分ひとりで探しながら旅行をしなければなりません。旅なれている人は別にしても、これは大変なことです。


また、旅行のスケジュールも非常に効率的に組み込まれています。貸切のバスなどを使って移動したり、混雑する美術館などでも、団体予約されているのでスムーズに入館できたりします。また、レストランでも到着前から料理を並べて用意していたりします。個人旅行だと、もしかしたらツアーの半分も回りきれないかもしれません。




A 費用が安くなる


個人旅行では、全て自分達で負担しなくてはならないものも、グループで参加する場合はグループ割引が適用されて、費用が安くなる場合も多いです。またパッケージ商品をつくる旅行会社が、航空会社やホテル等と年間契約を結び、大量に仕入れることで商品の価格を安く抑えているので、その恩恵を受けることができます。総じて、パッケージツアーのほうが、個人旅行よりも安くなります。




B 安心



ガイドさんがいるので、道に迷ったり、言葉の問題で苦労したりしないですみます。この安心感は海外旅行を楽しいものとさせてくれることでしょう。治安の面でも、危ないところに近づくことはありませんし、観光地を縄張りにしている犯罪者たちも、現地ガイドさんや添乗員がさんが居ると通報されたりするからウカツな事ができないようです。




D 色々質問が出来る



添乗員さんや現地ガイドさんは何度もそこに来ているか、あるいはそこに住んでいる人なので、現地のいろいろなことを知っています。その国の生活習慣や文化などを聞くと楽しいと思います。





C 特別補償を享受できる



海外パッケージツアーの大きなメリットは、募集企画型旅行の契約・旅行条件書の条項に記載されている『特別補償』を享受できることです。個人旅行の場合、これらの特別補償がありません。特別補償を抜粋してみると次のように書かれてあります。







お客様が募集型企画旅行参加中に偶然かつ急激な外来の事故により、その生命、身体に被られた一定の損害につきましては@死亡補償金(2500万円)・A後遺障害補償金(2500万円を上限)・B入院見舞金(4万円〜40万円)及びC通院見舞金(2万円〜10万円)を、また手荷物に対する損害につきましてはD損害補償金(手荷物1個又は1対あたり10万円を上限、1募集型企画旅行お客様1名あたり15万円を上限とします)を支払います。










【パッケージツアーのデメリット】





@ 団体行動が多い


パッケージ・ツアーは当然のことながら団体行動が多く、時間に縛られる事もあります。団体行動の為、誰かが遅れたりすると、精神的にストレスが掛かります。また美味しいレストランなどではなく、団体客用のレストランに行くことが多いようです。


2.スケジュールが固定



スケジュールは、固定されており、天候や途中に寄り道がしたくても殆どの場合不可能です。決まりきった時間や日程で管理され自由がないことで、せっかく外国にきたのに、自分の行きたいところに行くことができず、逆に行きたくもない土産物屋に行かされたりと、そういうことにストレスを感じるかもしれません。また、人数が多いために、食事やトイレなどに余計な時間がかかってしまうこともあります。





B あわただしい



確かに効率よく観光地を回るのですが、時間に追われるようにあまりにもめまぐるしく回るので、ゆっくり観光することができません。気持ち的に落ち着く時間がほしくなるかもしれません。







*パッケージツアーは次のような人におすすめです。

@海外旅行に慣れてないのでなにかと不安な人
A限られた日程であちらこちらを欲張りに訪れたい人
B外国語の会話力にあまり自信をもてない人
C海外旅行のプランニングが面倒な人



逆に次のような人は個人旅行がおすすめです。



@一人で自由気ままに旅をしたい人

Aツアーのコースにはないところに行ってみたい人


P R
最新記事
最新コメント
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dwtj9u
読者になる
Yapme!一覧
読者になる