鉱物学

January 31 [Tue], 2012, 16:21
鉱物学的に言凡ば、金は宝石ではな丸貴金属にすぎませんが、芳の宝石にしても、どこまでを宝石として認知するか、ただの石ころとみなすか、その定義は、後述するように、きわめて曖昧なものです。
しかしゴルドは、リングでもネックレスでもブレスレットでも、そこにルビーやサファイアやダイアモンドなどの「宝石」がつきますと、石を墜させ、輝きをますだけの端役に追いやられてしまうのです聖書の時代から金は宝石でなくなったのです。
旧約垂葺の『出エジプト記』の記述では、司祭の胸に12個の宝石が輝いていますが、そこに金はありません
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ふぁふぁ
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dwqfqf/index1_0.rdf