サーバーとメール 

December 23 [Sun], 2012, 22:33

レンタルサーバーを初めて試みるのなら、どこを見て選定していけばいいのか考えられず、困ってしまうでしょう。
最初に、使ったことがない人でも安心して利用できるサービスがあるのかないのかというポイントはきちんと把握しておくべきでしょう。
上級者向けのレンタルサーバーを選択してしまった場合、把握していて当然という感じで細かく解説していない項目が多々あるからです。
初級者用なのか違うのかという部分は、サイトを確かめると掲載されているでしょう。
さらに、ブログや掲示板といったサービスに関わることもリサーチしておきましょう。
それらのサービスを自分自身で探したり作るのは大変でしょうが、レンタルサーバーに最初から設けられているものであれば、たやすく利用可能です。
業者によっては、料金はリーズナブルなもののわかりにくく使いづらいところもあります。
いまいちレンタルサーバーというものが理解できないというのであるなら、とりあえず費用を抑えたものを導入してみるのもいいですね。。
専用サーバと共用サーバーの2パターンから選べるのですが、共有サーバーのほうが使ったことがない人にお勧めでお金もかからないでしょう。
これだと不十分だということなら、専用サーバーを申し込むように判断してもいいでしょう。
個々によりベストな会社は変わってくるので、たくさんのサイトで好評を博しているからといってそれだけで決め手しまうのではなく、自分にはどこが相応しいのかを最優先にして検討することが欠かせません。

また、興味のあるメルマガに配信登録したけれど、商品の画像データが入ったメルマガを受け取った場合、メール内の画像が見られなくなるというトラブルに見舞われることがあります。
これについては、メールソフトが危険を回避するやり方として画像を非表示にするように定めていることが原因になっていると予想されます。
なにゆえに画像を非表示にすることがセキュリティに繋がるのかというと、画像を見たい場合はサーバーにアクセスする必要が出てきますが、この場合にアドレス情報が相手のサーバーに送り届けられてしまうからです。
要するに、画像の付いた迷惑メールが送信されて、写真が何の操作もせずそのまま見られるようになっていれば、相手側のサーバーに自分のアドレスデータなどを送ってしまうことになるのです。
これを防止するために、メールソフトの中には勝手に画像が開かないように設定を行うことができるものがあります。
画像を見ることができないのはメールそのもののトラブルといったことではなく、セキュリティ対策という目的があるからだと覚えておきましょう。
Outlook Expressなどを用いているなら、画像が含まれたメールをチェックすると「画像をダウンロードするには、ここをクリックします」というものがあるので、これをクリックしましょう。
そのあと、ポップアップメニューから「画像のダウンロード」を選択するだけで画像を見ることが可能になります。
迷惑メールからのトラブルを防ぐためであるとしても、画像を含んだメールが来る度にダウンロードしなければならないのは手間だと考える人も多いはず。
信用のおける送信者からのメールのときは、送ってくれる人を [差出人セーフ リスト] に設定することで、あとは勝手に画像の表示が行われるように変わりますよ。

ショッピングカートってどんなサービス?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しずちゃん
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる