低出力半導体レーザーを使用する方法

July 05 [Fri], 2013, 9:34
ガングリオン治療は、悪性腫瘍ではないので、基本的にあまり行われていません。しかし、神経を圧迫し痛みを伴ったり、女性に多い腫瘍なので、見た目が気になる場合には治療を行うこともあります。原因がはっきりとは解明されていないので、治療は対処療法が中心となります。


ガングリオンの治療方法として一般的なのが、注射でガングリオン内のゼリー状の液体を吸い出す方法です。また、圧迫して潰してしまうという方法もとられています。しかし、これらの治療を行っても、痛みが残ってしまったり、再発する可能性が高いといわれています。


ガングリオン治療を続けていても何度も再発するようでしたら、思い切って手術を受けるのも1つの方法です。手術では皮膚の下に隠れている、ガングリオンの袋を取り出すことになります。しかし施術中にガングリオンを覆う薄い膜が破けると、根が全てとりきれず、また再発してしまうこともあるそうです。


最近のガングリオン治療で注目されているのは、低出力半導体レーザーを使用する方法です。この方法ではほぼ毎日、1〜2ヶ月に渡っての通院が必要となります。しかしレーザー光をあてるだけなので、手術のように身体を傷つけることもなく、再発の可能性も低いということで人気を集めています。

参考になったサイト>>健康の輪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まい
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dw2erf/index1_0.rdf