愛車を高価で手放すのであれば下取りではなく買取を

October 05 [Wed], 2016, 23:05
愛車を高価で手放すのであれば、下取りではなく買取をお願いするようにしましょう。

買取の方がさらに得することが多いです。



それに、事故車や故障車を売りたいと思う時は、下取りにすると評価が低いため、プラスになるどころか、廃車の費用がかかる可能性もあるでしょう。ただし、買取の場合は専門業者を選択すれば、正式に買取をお願いすることができます。



車を手放す際に買取と下取りのどちらにすれば得かというと、高く売りたいなら買取です。

下取りを選択した場合は買取よりも安く手放さざるを得なくなるでしょう。



下取りでは評価されない部分が買取の場合に評価されるケースも多いです。


特に事故車を売却する際は、下取りの場合非常に低評価となり、廃車費用を請求される場合もあります。少しでも高く買い取ってもらうためには、いくつかの車買取業者に査定額を提示してのが大事です。車買取業者によって得意とする車種やメーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)などがあり、買取価格が大聞く変わることもあります。複数の業者の査定額の違いを調べれば、買取価格の最高額がわかるので、より良い交渉ができるはずです。交渉が苦手だという人は得意なお友達に助けてもらうと良いでしょう。
出張して査定してくれるサービスを利用せずに直接店舗へ行って査定の依頼をしても良いのですが、多くの業者の出張査定は全部無料でやってくれますから、使ってみる人も、少なくありません。


自分で買取業者の店まで行かなくても良いというのは忙しい時などに便利ですが、ただで来てもらったのに買取を断るのは忍びないと考える人もいます。マイカーの出張査定をお願いしても買取を拒向ことができます。
査定とは、自分所有の車を売ってお金にしたいと思ったときに、車買取業者が何円ぐらいで買うのかを家まで無料査定来てくれるサービスのことです。査定額が自分の思っていた、相場の金額よりも低いケースには、拒んでも問題ありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kazuma
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる