映画 『夢売るふたり』

October 13 [Sat], 2012, 16:00
夢売るふたりを観た。
かなり前に。
観終わって、考えさせられ、かなり過ぎ行き、やっと今頃になってすごい映画だったなぁと。
夫婦の奥深い感情を、俳優陣の演技と映し方のみで観る者に伝える。
だから、観る者は受け止める器と自己処理できる力がある程度必要かな、と。
大げさですね笑人は多かれ少なかれ感情の狂気って内に秘めてると思う。
その狂気が必要以上に現れ、器から溢れ出したとき、人ってこうなるのかと。
女は強く恐ろしい。
なのに男は、その強く恐ろしい女を弱き生き物と思い込み勘違いする。
だから大抵は歯車が合い平和な日常が何とか保たれている。
でもその歯車が合わなくなった時、誰しもに訪れるかもしれない、カモメを見上げるような世界。
独特の世界感でした。
重視されていないシーンだろうけど冒頭あたりの鈴木砂羽が明け方に香川照之を自宅マンション近くで見送る画、感情がすごく伝わってくる感じ、良かったし、好き。
それと終盤、交差唐ナ松たか子と鈴木砂羽が偶然出会って少ししてから振り返った鈴木砂羽の表情、すべてを悟ったかのような感じも素晴らしい簡単副業し、好き。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dvpe61p806
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvpe61p806/index1_0.rdf