老祥記

November 06 [Wed], 2013, 20:06

昔、東京で「肉まん」と言わず「豚まん」と言って笑われた事がある。


関西人にとって、
やはり「豚まん」と呼ばないとピンとこない。


その豚まんの美味しい店が、
神戸の南京町にある。


いつ行っても店の入り口から人が溢れているが、
特に土日や祭日には、
観光客であろうか長い行列ができる。


店の名は「老祥記」。


中身は豚のミンチにネギが入っているだけの素朴な醤油味だが、
その中身を自然発酵させた皮に包み蒸した小ぶりの豚まんは、
一度食べたらくせになる味である。


あつあつをほおばるはもちろんだが、
冷めてもしっかり味がついているので、
これもなかなかいける。


狭い店内で、一皿3個入りを食べるもよし、
30個、50個と持ちかえる人も珍しくなく、
持って帰って中身の脂が沁み込んだ包み紙を開けて、
ついついつまんで口に入れると、
皮はモッチリ、
中はジューシーで並んだかいがあるのだ。


但し2〜3時間も並ばなければ、
この味にたどり着けないので覚悟がいる。


そうしても食べたいと思う人気の豚まんである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るい
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvi4qikr/index1_0.rdf