小野小町ゆかりの随心院の梅を見る

March 30 [Fri], 2012, 13:24
昨日は久しぶりに暖かくいい天気だったので、ようやく見頃を迎えた梅を見に随心院へ行ってきました。
随心院は世界三大出会い系 村直太美女の一人と伝えられる小野小町ゆかりのお寺として有名。
小野小町はこのお寺近くに暮らしていたそうです。
小町とこの寺をモチーフにした『通小町』という能の演目があり、解説によると、深草の少将が思いを寄せる小町の元に一夜通う度に榧カヤの実を一つ置いて行ったそうです。
しかし九十九夜目の雪の日、思いが通じる前に倒れて亡くなったと。
なんとも切なく悲しいお話です。
境内にはその榧の実が飾られていました。
珍しいので写真を撮っておけばよかったです。
随心院は小野小町の他に梅園が有名で、京都では北野天満宮に次ぐ梅の名所として知られています。
今年は寒さが厳しかった影響で開花が1か月遅れ、昨日もまだ7部咲きでした。
先日終わったところなのですが、毎年3月の最終日曜日には「はねず踊り」というお祭りが開かれます。
「はねず」とは梅の色を表す、薄紅色の意味だそうです。
勝手なイメージで「跳ねず踊り?」と思ってましたが違いました。
もう一つの注意?は、境内にて女子グループが「やった、いもこに着いたよ」とみんなで楽しそうに話すのを耳にしたのですが、遣隋使の小野妹子ではなく小野小町ですので念のため。
市内中心部からは少し遠い場所ですが、真言宗の門跡寺院であるお寺の境内は、格調高いふすま絵など見どころも多く、ゆっくりと過ごすのに良いお寺です。
アルバム作りました。
ownerid20710762
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dvhk5c87mo
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvhk5c87mo/index1_0.rdf