海外ドラマ ドクター ハウス シーズン7 第10話 ネタバレ

September 27 [Fri], 2013, 16:57
海外ドラマ ドクター ハウス シーズン7「アメとムチ」
 訓練キャンプで非行少年たちを指導している教官が、背中の痛みと排尿障害で入院する。ドクター ハウス シーズン7 彼の教育方針に反対するマスターズは、生徒の1人が毒を盛ったと推測。一方、ハウスはレイチェルをエリート幼稚園に入れるため、ひそかに特訓を開始。チェイスはSNSに裸の写真を掲載されてしまい、結婚式で出会った女性の中から犯人を絞り込もうとする。

作品関連:
Dr.HOUSEドクター ハウス シーズン6
Dr.HOUSEドクター ハウス シーズン8

※ドクター ハウス シーズン7 以下、ネタバレです。

 ドリスコルは治療によって症状は悪化し、さらに彼の生徒の1人ランドンも同じ症状で病院に運ばれる。ドリスコルはランドンのことを心配しているが規律に従わせれば更生出来ると考えていた。チェイスは調べに行ってセックスして帰ってくる(笑)。ドクター ハウス シーズン7 更に勝手にカードを使われ2500ドル寄付されていたと判明。ドリスコルとランドルに共通しているものを探すが、ふたりは言い争ってばかり。マスターズはランドルに薬を拒否され、自分は敵ではない、飲むかどうか選ぶよう諭す。ドリスコルもその姿勢に共感しテレビのリモコンを渡すす。

 ドクター ハウス シーズン7 ハウスは犬の訓練と同じ方法でレイチェルを特訓。クリック音と褒美を関連づけて覚えさせる。チェイスは3Pの相手のひとりに会いに行って17歳だったと知る。彼女は親にSNSを禁じられていたため犯人ではなかった。ドリスコルは腎不全と脚の筋肉の痛みという症状が出る。土壌中のボツリヌス菌が額や脚の傷から入ったと推測し、抗毒剤を与える。ランドンは裁判所命令ではなく例外だとドリスコルが漏らす。実はランドンはドリスコルの息子で密かに支援していたのだった。

 重金属によるウェゲナー肉芽腫症と考え免疫抑制剤で治療を行う。チェイスは女を探しに、ハウスは幼稚園の行動観察に向かう。息子を正しい道に戻していやりたいというドリスコルに、彼は父親を求めていると助言するマスターズ。ドクター ハウス シーズン7 レイチェルは全部のオモチャで遊んでよく出来たとほめられる。でもオモチャの名前を知っていたと指摘され、遊んだことはないと嘘までついてみせ、ハウスは関心する。

 ドクター ハウス シーズン7 ハウスはリドカインが遺伝性のポルフィリン症を誘発した、ランドンが抗ヒスタミン剤を盛ったことが誘因だと説明。血液製剤で症状を緩和し、肝移植で完治出来る。ようやくドリスコルは自分が父親だと明かす。そしてランドンに話したくなるまでいつまでも待つと告げる。チェイスは過保護な姉のほうが犯人だと気づく。初デートでは寝ないと言ったのにトイレに行ったきり帰ってこなかったことで恨まれた。謝罪し改めて食事に誘うが、断られる。幼稚園は定員オーバーでダメだった。ハウスはまた来年も受ければいいとカディを慰める。レイチェルはハウスにすっかり懐いて抱っこ。最新映画DVDdvdzone.jp
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvduneed/index1_0.rdf