男が愛する時dvd box彼女の恐ろしい演技が始まった

November 13 [Wed], 2013, 16:36
危うく二人の男の間を行き来していたソ・ミド(シン・セギョン)が、男が愛する時dvd 激安突然記憶を失った可憐な女性となった。だが、どんでん返しは残っている。ミドは事故の衝撃で記憶を失ったように見えたが、話のつじつまが合わない部分が随所に登場し、記憶喪失が彼女の演技であるということを暗示した。

韓国で22日に放送されたMBC水木ドラマ男が愛する時 DVD(脚本:キム・イニョン、演出:キム・サンホ)では、ソ・ミドが記憶を失っているかのように演技する場面が描かれ、彼女の本意への関心が高まった。

これに先立ち、イ・チャンヒ(キム・ソンオ)に引き逃げされたが、雨が降ったおかげで命が助かったソ・ミド。やっと目覚めた彼女が手を掴んだ人は、男が愛する時 DVD自分と夢を共有していたジェヒ(ヨン・ウジン)ではなく、テサン(ソン・スンホン)だった。ミドの選択を受けたテサンは喜び、捨てられたジェヒは挫折した。

グアムで再会し、心を交わしたジェヒとミド。しかしミドはテサンにグアム出張に行った覚えは全くないと話し、男が愛する時dvd boxジェヒを知らない人かのように扱った。テサンは覚えているが、ジェヒは覚えていないかのようにジェヒが近づくこと自体を警戒した。しかし、ミドの行動は記憶喪失となった患者とはとても思えないほど意味深なものだった。

この日、韓国ドラマ DVD-BOX「どこまで覚えているのか」と質問するテサンに「私が歩いていたとこまで。ハイヒールを履いて歩き、走っていたとこ」と曖昧な答えをしたミド。

しかし、テサンもミドが演技をしていることに気付く瞬間が来た。テサンは山で転んだミドを看護している間、傍で眠ってしまったが、男が愛する時 DVDミドは「あなたが言ったでしょう?ソ・ミドさんと僕は守るべきことは守る仲だと」と話し、テサンを別の部屋に追い出した。

自分か過去にしたその発言が、ジェヒと3人で出張に行った時に出ていた言葉だということを思い出したテサン。激安DVD彼はやっと「ミドが演技をしている」というチャンヒの言葉を少しずつ気にするようになり、劇の緊張感を高めた。

このようにミドの態度や発言はなぜか一貫性に欠けていた。彼女が愛していたジェヒにまで目をそらし、テサンの手を掴んだ本意は何だろうか。彼女の「私は何も知りません」という純粋な顔の裏に隠されている黒い本心が気になる。「男が愛する時」は4人の男女の痛烈な愛を描いたラブストーリードラマ。ソン・スンホン、シン・セギョン、チェ・ジョンアン、ヨン・ウジンが出演中だ。
男が愛する時 - http://www.dvdsyoppu.jp/goods-10832-男が愛する時+全話+DVD.html
http://www.dvdsyoppu.jp
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvdsyoppujp/index1_0.rdf