世界の中心で、愛をさけぶつをゆずっ

September 16 [Fri], 2011, 11:41
サムスは、まったく彼らしくもない明確な悪罵を発した。それは、メンターがずっとむかしに予言したように、自分自身とその状況に対するののしりだった。そのとたんに、すっかり記憶がよみがえって、彼は言葉を途中でのみこんだ。
「許してくれたまえ、ミスター?カー世界の中心で、愛をさけぶ 通販ボネロ。こんなにとり乱してしまって。傷は問題ではないし、きみにはなんの責任もない。きみがどうしても、結局は――」
「わたしの名前をご存知で?」理髪師は驚いて口をはさんだ。
「そうだ。きみを――その――ある友人が――推薦してくれたのだ――」サムスがどうごまかしても、事情は混乱するばかりだ。とほう世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX 完全版もない真相だが、少なくともその一部は話さないわけにいくまい。「きみはイタリア人らしく見えないが、予言を信じる種族的遺伝は充分に受けついでいるんだろうね?」
「もちろんです。これまでに予言者はたくさんいました――〈真の〉予言者が」
「よろしい。この事件は、くわしく予言されていた。あまりくわしいと世界の中心で、愛をさけぶ 販売ころまでぴったりあったので、わたしはひどくショックを受けたのだ。小猫についてさえ当っていた。この名前はトマスだね」
「はい、トマス?アキナスといいます」
「こいつは実際は牝《めす》だ。ここへはいれ、トマシーナ!」小猫は熱狂的に彼のひざに這いのぼっていたが、彼がポケットをさそうように開くと、その世界の中心で、愛をさけぶ DVD中へとびこんで腰をおちつけ、幸福そうにごろごろ鳴きはじめた。理髪師とキニスンが目をまるくしているうちに、サムスは話をつづけた。
「こいつはわたしにもらわれる運命にあるのだ。それに、こんな愛情に答えないのはすまんことだ。こいてくれないかね――そう、十信用単位で?」
「十信用単位ですって世界の中心で、愛をさけぶ DVD BOX! ただでも喜んでさしあげます!」
「では、十信用単位にしよう。もう一つすることがある。ロッド、きみはいつもポケット定規を持っていたな。このかすり傷をはかってくれないか? 長さ三ミリに近いことがわかるだろう」
「『近い』どころじゃないよ、バージ――この副尺ではかれるかぎりでは、きっかり三ミリだ世界の中心で、愛をさけぶ 激安
「そして、鎖骨のすぐ上で、それと平行しているだろう」
「そのとおりだ。すぐ上で、まるで製図工がはかったみたいに平行だ」
「うん、それでいい。理髪をすましてしまおう。きみが演説におくれんようにな」理髪師たちの心中は読者の想像にまかせるが、彼らは、中断された仕事にかかった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvdsago/index1_0.rdf