インターステラー ブ dvd 名作として殿堂入りすると確信しています。

October 09 [Fri], 2015, 17:37
3時間か、長いな...と思ったのは上映前までで、一気にその世界に引き込まれてしまいました。まず凄いのがその空気感。現在の状況を会話や背景として見せることで、あくまでも今、現在の情勢を見せることに徹底している。自分がその世界にいて、その時きっとこんなこと考えてるんだろうなって気分になるんですインターステラー ブ dvd。

父と娘の物語が主軸になると思いますが、それだけでは終わらないでしょう。地球に住む者の全てを託され、もう一つの地球を探し出す...その冒険譚はとてもではありませんが筆舌につくしがたく、最後の1秒に至るまで目を離せませんでした。というか、中盤以降ずっと目を滲ませて、いや涙をだらだらと流しながら観ていました。このレビューを書いている最中も、一つ一つのシーンが脳裏に浮かび、目が潤んでしまっています。

相対性理論を視覚で感ずることができる希有な作品で、学問として理解できない一般の私たちにも十分に楽しめます。ちなみに、小学生の娘も、3時間という長編にもかかわらず最後まで見てくれて、面白かったと言ってくれました。日本では評価がいまいちだったようですが、これからジワジワと人気が出て、名作として殿堂入りすると確信しています。

それでも現代最先端の物理学.量子力学をもとにした脚本のリアリティやそれを見事に映像化したクリストファー.ノーラン監督のこの作品の完成度には驚かされました。もともと宇宙やブラックホールなどにはとても興味があったので余計感動したのと同時にもっともっと相対性理論について興味が湧きその後いろいろ調べた上で返却後にこの作品をまた観たくなりました。