マイガール DVD セヒョンに会うユリン 

December 11 [Wed], 2013, 12:11
「お兄さんの恋人にあげるのが当然かなって思って・・。」とチケットを譲る。 マイガール DVD劇の始まり 後ろから近づくセヒョン 振り向いたのはジョンウ  「ふふっ」 あきれた笑いのセヒョン ジョンウ、「ゴンチャンは命令に従って、こんな失敗をおかすとはな・・・。」



家の前でばったりのゴンチャンとユリン 「なんでこんなに早いんだ?」「あなたこそ。」

「早く帰ったらおじいさんとがっかりして怒るだろうな・・・」「どこかで時間をつぶして来ますよ。」「俺も一緒に行くよ。」「いやです、一緒にいても楽しくないんです。」「何?俺はつまらないときにお前といるのが一番なんだよ。 マイガール DVD お前面白いじゃないか、つまんないんだ、時間つぶしてくれよ。」 

車中 「まだ63ビルの課外活動覚えてる?」「もちろん、私は二回も待ちぼうけを食らったんです。」「今日はちょうどいい。63ビルに行こう。」 喜びを隠し切れないユリン はしゃぐ
エレベーター内から外を眺めるユリンに「なんでそんなに63ビルが好きなんだ?」 行きたくてお金を貯めたのにパパが持ち逃げしたと言うユリン 「夢がかなったな?」



オフィスでは 秘書が電話している。「家族写真をFAXしてください。」


「わ〜い、連れてきてくれてありがとうございます。 祝福されますよっ」

上ではユリンの独壇場 嘘の話でゴンチャンを翻弄する。そのたびに「信じたでしょ?ふふ」


だまされまくりのゴンチャン  エレベーター前 下まで1分40秒かかるというユリン韓国ドラマ マイガール DVD その間息を止めて願い事を唱えると叶うんです、とユリン 「誰が信じるんだ?ふっ」 ところが無意識に息を止めていたゴンチャンに気付くユリン 「信じたんですか?ははは」 大笑い

横断歩道 「今度は何だよ?」「白い線だけ踏んだら運が良くなるんです。」「信じないぞっ」

ところがまたやってしまうゴンチャン 


バーでジョンウとセヒョン 「もし、あなたがユリンさんと一緒になるんだったら、私たち家族になるわね。」「・・・・・二人が本当にイトコだったら・・・そうなるだろうな。」


FAXが届くオフィス 出てきた集合写真の中にはユリンの父が写っている。 マイガール DVD 何も知らないで期待に満ちた目にかわる秘書


「ゴンチャンさん、最後です。誰かを思い浮かべて5秒数えて・・・本当にその人が現れたら、その人のこと、好きになります。」 「それは怖いな・・・。」 「そんなに怖いんだったら、どうしますか?」 アン!と脅かすマネをするユリンの両手首を摑むゴンチャン  ほんの一瞬の沈黙



「あ〜、あまり怖がらせられなかったな・・・あ、メロン売ってる、買ってきますね。」安い韓国ドラマDVD そそくさと行ってしまうユリン 
 
ユリンが消えた。 探すゴンチャン ふと思いついて立ち止まる。

 
「いち・・・・に・・・・・・・さん・・・・・・」 目を閉じる   「し・・・・・ご・・・・。」 目をそうっと開ける。

突然ライトアップした周辺  その瞬間、目に飛び込んできたのはユリンの姿こちらに気付いて笑いかけるユリン 


購入リンク:紳士の品格 DVDコーヒープリンス1号店 DVDDr.JIN DVD

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マイガールDVD
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvdmaigarudvd/index1_0.rdf