ラブレイン DVD病院に行ってないだろうと、言うイナは心配する。

December 12 [Thu], 2013, 11:23
「ごめんなさい。」と、あやまるユニ。「俺たちはまわりに謝らないといけないから・・2人の間では謝らないようにしよう。」と、言うイナ。「愛とは詫びないことラブレイン DVD・・」

「その時は知るよしもなかった。彼女が別れを準備していたことを・・」

音楽にあわせ、2人で踊るイナとユニ。学校に行くと、夜行列車の事で噂になっていたユニ。ヘジョンはユニを避ける。

「二股かけて・・ソ・イナと一晩、過ごしたそうよ。ふしだらね。」と、言葉を聞くユニ。節度ある行動を取って、と言われる。

テニスコートで、ケンカをするイナとドンウク。
ドンウクの球をよけないイナを見て、止めるユニ。チャンモもドンウクを止める。

「俺はお前と争いたくない。」と、ドンウクに言うイナ。

ヘジョンが来て、「あなたのせいよ。あなたなんて消えればいい。」と、ユニに言う。

ユニの日記帳を見せ、「本気で運命の人だと思ったの?ユニに詳しいから不思議だった。」と、言うヘジョン。

イナが日記帳を持っていたと知り驚くユニ。「日記帳を読んでいたの?」とイナに聞くユニ。

「あなたがいなければ、先輩たちが争うこともなかった!」と、ユニを怒るヘジョン。

去って行くユニを追いかけられず、ヘジョンに引き止められるイナ。
「あなただけが辛いんじゃないわ。あなたが好き。」

ユニを追いかけ、抱きしめるが逃げるユニ。部屋で日記帳を読み返し、イナの言葉を思い出すユニ。

日記帳の最後のページに「君に出会わせてくれたこの日記帳に感謝します。卑怯と思いつつ、言い訳を書きます。僕の気持ちに・・偽りはなかった・・どうかわかって・・」と、読むユニ。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvdfc2/index1_0.rdf