「ドリームハイ2」動画 1話-最終回 あらすじ 感想 楽屋に戻ってきたリアンが

May 16 [Tue], 2017, 11:38
ステージが終わり【ドリームハイ2 動画】、楽屋に戻ってきたリアンが、「どう?私カッコよかった?それよりJBは?順番が次なのに、まだ来ていないのね・・・」と話していると、JBが現れ、「人を心配させるなよ!今日こそお前が俺にひざまずく日だぞ」とユジンが言うと、「それはこっちのセリフだ。行ってくるぞ」と言って、JBはステージに向かっていく。

ステージが終わった後、リアンはJBのところに現れ、「どうして隠していたの?大丈夫だって言っていたのに・・・【ドリームハイ2 あらすじ】。全部私のせいよ・・・」と嘆くが、JBは、「いや、デビューの時から今日の最後のステージまで、お前が見守ってくれて力をくれた。お前がいたからここまで来れたんだ。お前が今までどれだけ情熱を持ってきたか、どれだけ苦しんできたかを見てきた。今度は俺が応援する番だ。お前のために歌ってくれ」と言って、履いていたシューズをリアンに渡す。
20170516092046
JBのシューズを履いてステージに立ったリアンは、歌う前に、語り始める【ドリームハイ2 感想】。「私が歌い始めた理由について、お話します。ある友達がいて、その子は歌もうまくないんですが、自分の夢を分かっていて、うらやましかったです。ある友だちは、いつも私をかばってくれました。そして練習生の時から一緒にやってきた友達が、自分のために歌えと言ってくれたんです。曲名は『1日1日』です」熱唱し終わったリアンには、客席から大きな拍手が沸き起こり、順番が回ってきたユジンが、「バラードでも歌えばよかったのに。そうやってケガして、観客の同情を買いたかったのか?そういうところはヘソンとソックリだ」