ていない』なんていって

September 02 [Fri], 2011, 10:54
いまはわからない」彼は認めた。「完全な情報を得た後で、きみ自身が判断するしかないのだ」
「あなたは精神治療医ね」彼女は用心深くいった。「でも、もしあなたがわたしの心を手術したとすれば、わたしを『救った』ことにならないわ。だって、わたしはまだ、パトロール隊やそれに関係のあることについて、これまでとまったく同じように考えているんスターの恋人 販売ですもの……それともわたしは? それともこれは……」彼女はおどろくべき可能性に思いあたって、目を見はった。
「いや、ぼくはきみの心を手術していない」彼は保証した。「そういう手術をすれば、傷跡が残らざるをえない――記憶の鎖の中断だ――そういうものは、自分の心を一分ものぞいてみればすぐわかる。きみの記憶の連鎖には、そんな中断や空白はまったくない」
「ないスターの恋人 DVDラベルわ――少なくとも、わたしには見つからないわ」彼女は数分思考したのちに告げた。「でも、なぜ手術しなかったの? わたしをこのままで釈放するわけにはいかないでしょう――わたしは麻……社会の敵ですもの」
「言葉を?たくわえる?にはおよばないよ」彼は微笑した。「きみは絶対の善と絶対の悪というものを信じているだろう?」
「もちろんよ――きまってるわ! だれだってスターの恋人 DVDそのはずだわ!」
「そうとはかぎらない。宇宙最大の思想家の中には、そうでない者もあるのだ」彼の声はしずんだが、またあかるくなった。「しかし、そういうわけだから、きみが?たくわえる?必要があるのは、問題の両面についての経験、観察、知識なのだ。きみはちびのくせに、とんでもない大ペテン師だよ、自分でもわかっているだろうが」
「それ、どういう意味なの?」彼女スターの恋人 激安はさっと赤くなってまばたきした。
「たいへんな、したたかものみたいなふりをするからさ。『まだ白状しね。一度も強制されたことがないのに、なぜ白状する必要があるんだい?」
「強制されたわ!」彼女は叫んだ。「わたしがこのナイフを、なんのために身につけていると思うの?」
「ああ、それかい」彼はその危険な小さい短剣にむかって、思考のスターの恋人 DVD BOX上で肩をすくめながらいった。「きみは狼の皮をかぶった子羊さ……だが、きみの記憶は、からかい半分であつかうには重要すぎるようだ……この問題全体には、どこかおかしなところがある――おそろしくおかしい。お芝居はやめたまえ、赤ちゃん――なぜそんなことをするんだい?」
「そうするようにいわれたのよ」彼女はちょっともじもじしながら認めた。「したたかものらしく――ほんとスターの恋人 通販にしたたかものらしく――行動しろって。まるでどこへでも行って、どんな……どんなことでもしてきた女冒険家みたいにね。あなたがたの社会では、あばれればあばれるほど、それだけうまくやっていけるっていうことだったのよ」
「そんなことだろうと思った。きみたち麻薬《ズウィル》――失礼、きみたちの惑星の住民は、とくにどういう目的でライレーンへ行くのかね?」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dvddisk
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dvddisk/index1_0.rdf