人気のらんま1/2動画 1,397本 - ニコニコ動画

October 31 [Mon], 2016, 16:06
1980年代の週刊少年サンデーを『うる星やつら』のヒットで牽引した高橋留美子の次作。【  らんま1/2 動画】小学館の期待に応えた大ヒット作となり、国内の単行本コミックス発行部数は約5300万部[2]で、高橋留美子作品ではベストセラーである。

基本的には中長編が中心とした作品で、格闘シーンが豊富、バラエティに富んだ展開が多く、謎解きやその克服方法を見出すまで要素がある。(『犬夜叉』にも引き継がれている)。あくまでもギャグ漫画としてシリアス一辺倒ではなく、笑える格闘漫画が基本(作者談)。初期はギャグ色が強かったが、後期はシリアスな展開が多い。

1989年にはフジテレビでテレビアニメ化された。ケーブルテレビ、スカパー!等のキッズステーションで繰り返し再放送されている。CD、OVA、アニメ映画、ゲームなども多数制作されている。また本作は声優がキャラクター名義で多数の楽曲をリリースした。1990年には、第5回日本ゴールドディスク大賞アルバム賞アニメ部門を受賞した。【らんま1/2 最終回】2013年6月からはキッズステーションにてデジタルリマスター版の世界初放送が開始される[3]。

単行本は2007年現在、少なくとも22カ国?地域で19言語版が出版されている。ノルウェー語訳?ロシア語訳された初の日本漫画でもある(タイトルはそれぞれ"Ranma1/2”、"Ранма1/2")。1996年には、小学館で『少年サンデーグラフィック らんま1/2メモリアル?ブック』が刊行された。

乱馬的企画音盤として5枚のキャラクターソングアルバムを制作しており、声優ブームもあって本作人気の一翼を担った。1【らんま1/2 実写】枚目の『熱闘歌合戦』ではブックレットに曲それぞれのシングルジャケットがデザインされて、 カップリング曲まで記載される(カップリング曲は、後に4枚目の『格闘歌かるた』に収録)という凝った作りになっており、2枚目の『歌暦』も収録している全12曲(うち2曲は上記『熱闘歌合戦』収録曲のカップリング曲)を後にシングルにカットして同時発売した[12]。3枚目の『DoCoファースト』と5枚目の『DoCo Second』は上記の「DoCo」のアルバムと位置づけて制作されている。なお、本作のキャラクターソングの歌手名表記は、一般的なキャラクター(の役