究極のデリバリーヘルスはだれでも天王寺よ 

September 02 [Thu], 2010, 12:52
それは、会社を作って、保つためにあらゆる手段で戦います、それはなんとそれを身につけるでしょうは私を誤解します、私はそれがディレクター椅子に人々を動かし続けるという事実が好きです。

長期的にそのまさしくその痛み、そして、それが勝った財産はが速く近づいている問題(一旦それとタカハタが死ぬ(理想的におよそそれ億年ほどで)ならば、彼らが勝ったという事実)に直面しなければなりませんはそこの実は映画を製作することができる誰でも持っています。

ラセターならばまだプロジェクトからの不在は彼が二度と映画を決して管理しないことを意味しますそして、アニメーションの世界は独特で不可欠な声を失いました。

そしてそれが認められることができるならば、今は素晴らしいです。

近年では、ここジョージタウンで市会議は木を使うことを可決しました。

議会議員ぺギーウェインとジャネットはエキゾチックな木を使うことに反対して投票をしましたそれは全部の板道との構造を変えます)彼らは、アメリカの仕事を外注化されて、あるいは、市資金が外国に送られるのを見たくありませんでした。

ジャック箕面 デリバリーヘルス市長はエキゾチックな木の使用法を支持したので、私は私が理由に関して彼への、あの質問をすると思いました。

私の短いインタビュー(イタリックの、市長の答え)は、ここにあります何が、それに使われるものよりむしろ異なる木か建築資材を使うのは正しい十二年以上続いたすべてを作りますか誰でも、が大きな修理と革新を必要とすることに同意します。