望穿程花火のぼんやりし

July 13 [Mon], 2015, 15:50
それらを無視されてゆくに出会って、思い出せない何分の最初の美しい。もとは、ゆっくりと、ただ1度の文字の中のゲームは、悲しみと苦痛で、ただ1種の季節に、現実との情緒障害がない。その厳粛に誓うの字句、まだ乾いていないの墨跡にまじめで、しかし私たち自身が、すでにせっかちに向かった。次クール新鮮な憧れ、どんな過去どのような感動の言葉も、もう心の中で読めないしない、少し心瀾。ひとすじの時は軽くたゆう、刳り抜く一輪嫣然、かつて情熱に瀋殿して、冷たい瑠璃、もう感知温度。

ほこりの中で歩いて、たとえ満身混雑して、一日もいつかは払い落とす。光陰素白柔らかく、楽しんで一人でいつもの恩寵、猶感を喜んで。あなたは私にあなたを埋めて安心して、私のすべての忧烦、あの1部の手の届く温かい、襲白い紗を散朝には刹那、幸せはそっと落ち日々。今生の漂流して、きっとあなた疼惜積載無限の愛と、心にいって、すべてすべてそんなに派手に淺い、すべて美しい言葉はすべてそんなにの白い。

歳の華は、日月軽やかに流転止まらないで、1種の根を心の読みは、自分に教えて、通りかかった花事、全ては伝わって、ゆっくりと褪せ尽くして美しい時、味もなく、香。窓の外は、花の絢爛、恋情盛世、すべての騒ぎと言いふらして、私と関係がない。简居の片隅で、あなたは依然として私の耳に轻言细语、隠れて暖かいあなたの時間の中で、享エンロン。

春の名義で、願い事がひとつあなたといの温もりが長くて。おだてて月を燈、閑歩風塵、ロール空繁に読み、冴え骨なし、臨風の水のほとり、抱き合って雨雲を見る。その思想の映像に、酔っ払って一輪春華、償還回世俗でいろんな味も香りも甘い、、、あなたがいるから。

滢チェ春光、落字安怡拾1かけら春红墨、一画一画も透ける安然で甘い怡の香り。慌ただしく年、誰が、うっかり琴線に触れた時の絃を、乱の静かな。歩んで眩しく、ぼんやりした胜芳花陣、やっと知っていて、恒久で不変の真理と幸せは日常の些細で、お互いの旅行のペースで、粗食の甘さでは、毎日あなた帰った優しさ眸光で。

浮日光景、季節の花が咲き、一人挺香、半巻書物、半杯の緑茶、落ち着くの下にすべての繁華街は、塵間旺盛で怡静の思暇。一韻時間、丁寧に流れ、水墨画のように静かである限り、以前の点滴それでも、装丁、典積み立てて、生の喜びは、こんなに近く、夫复又やつ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:duvxz
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/duvxz/index1_0.rdf